ウォーキングは身長を伸ばす運動のひとつだといわれることもありますが、実際の効果がどうなのか気になっていませんか。

成長期の中学生にウォーキングは必要なことなのか、ウォーキングを日常的に行うことで得られる本当の効果を紹介します。

誰でもどこでもできるウォーキングには、隠された効果がありますので、普段から意識的に行うことが効果的。

ウォーキングや散歩は、子供の身長を伸ばす運動なのか?

b434b212d642a8e103ca78eb5547a7bb_s

ウォーキングというと、スポーツというよりも散歩のイメージが近いと思いますし、普段からよく歩くようにしている人もいるでしょう。

しかし早足で少し大股で歩くと、ウォーキングも立派なスポーツになりますので、単に歩くではなく、少し意識してウォーキングをするが正解。

ウォーキングは体や筋肉への負荷やダメージも少なく、比較的長く続けることができ、誰でもできる非常に簡単な方法。

そんなウォーキングで、子供の身長を伸ばす効果があるのか?

残念ながらウォーキングだけでは、子供の身長を効率的に伸ばす事はできませんが、ウォーキングを生活に取り入れることで様々なメリットがあります。

ウォーキングは有酸素運動なので、成長ホルモンを分泌させる効果もありますし、ウォーキングを継続することで、太りにくい体づくりにも役立つことに。

太りにくい体づくりや肥満体型からの脱却は、早熟傾向を緩和させる効果がありますので、そういった意味では、身長を伸ばす際に役立苞もいえます。

ウォーキングでも日々行なうことで、体質が変わってくる。

9fe92552f26a704d1fd31cb213e64446_s

ウォーキングを行い続けると、運動習慣が身に付いたり、体を動かすことへの抵抗感がなくなります。

その結果、ウォーキング以外のスポーツに興味が出て、ジョギングやランニング、水泳などの本格的な運動を行なう子供もいるでしょう。

さらにウォーキングを続けることは、食欲増進効果や睡眠の質を改善したり、睡眠時間の確保にも効果的。

その結果、成長ホルモンの分泌量が増えたり、その質が改善されたりと、子供の身長を伸ばす際に役立つ効果が期待できます。

ただウォーキングだけだと、体を動かす習慣は身につきますが、身長を伸ばす際の骨への刺激という意味では、非常に少ないのでそこは知っておくべきポイント。

骨が効率的に伸びるためには、様々な刺激があったほうが良いと言われています。

例えばバスケットボール選手は、ダッシュしたり、急に止まったり、ジャンプしたり、走り続けたりと様々な動きがありますよね?

このいくつもの動きが組み合わさることが、骨の成長に役立つ刺激。

だからウォーキングのように慢性的に同じような刺激が続く運動だと、刺激が少なく、骨が効率的に伸びにくいという特徴が。

そういう意味では、骨に対する効果が十分ではありませんが、ウォーキングならではの隠された効果もあります。

それが、ウォーキングのドーパミンに対する効果。

ウォーキングを実践することで得られるドーパミン分泌効果とは?

f873e1d52c39c143ba30e4faeb441805_s

30分以上の有酸素運動を行なうと、セロトニンが分泌されるようになるのを知っていますか?

このセロトニンは、ドーパミンとノルアドレナリンのバランスを保つホルモン。

セロトニンが上手く分泌されないと、ドーパミンやノルアドレナリンが暴走し、脳のコントロールが上手くできなくなることもあります。

脳が暴走する状態になるとどうなるのか?

成長ホルモンの分泌や合成が上手くできなくなったり、情緒不安定になったり、成長だけではなく、様々なデメリットが考えられます。

一般的に30分のウォーキングを行なうと、3ヶ月ほどでセロトニン神経が活性化され、うつ症状のある人でも変化を感じるといわれるほど効果的。

セロトニン神経を活性化させるには、リズム運動・太陽の光を浴びることが基本。

そういう意味でも、ウォーキングはセロトニン神経の活性化にピッタリです。

ウォーキングが直接身長を伸ばすというよりも、子供の身長が伸びやすい状態に整える作用があると考える方が妥当かも。

超簡単なウォーキングを日常生活に取り入れて、少しでも子供の身長が伸びやすい環境を作って上げましょう。

ウォーキングでセロトニンを分泌するとメラトニンが増える!

幸せホルモンのセロトニンですが、実は睡眠ホルモンのメラトニンの原料のひとつ。

だからセロトニンの分泌量が増えることで、メラトニンの生成もスムーズに行われるようになり、メラトニンの持っている様々な効果を実感できます。

睡眠ホルモンというくらいですから、メラトニンがしっかり分泌されると、子供の寝付きが良くなり、睡眠時間を確保できることに。

それだけ質の良い成長ホルモンを分泌できることにつながり、成長期に身長を伸ばすことができる環境が整います。

さらにメラトニンの作用には、性ホルモンの分泌を抑制し、性成熟の速度を遅くするという部分も。

性成熟が遅くなれば、早熟化傾向が弱まり、成長期の到来を遅くしたり、成長期の進行を抑制し、それだけ身長が伸びる時間を増やすことができます。

だからそれだけ身長を伸ばすことができる可能性が高まるということ。

そう考えると、骨端線への刺激という意味では弱いウォーキングですが、総合的に身長を伸ばしやすい環境を整えてくれる大切な要素のひとつ。

誰でもどこでもできるウォーキングですので、少し大股早歩きを意識して、普段の生活に取り入れてみてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!