子供が低身長で伸び悩む原因を知ることで、成長障害に対して適切な治療や症状の改善ができます。

実際にどのようなことをきっかけにして、子供の成長障害が起こるのでしょうか。

気になる低身長の情報をまとめていますので、身長の伸びに悩む人はまずはチェックしてください。

医学的な低身長の定義と、低身長の割合とは?

子供の身長をグラフ化したデータのひとつに、成長曲線という指標があります。

成長曲線には、同じ年齢でもある程度の傾向に合わせた数値が存在し、一般的に-2.0SDから+2.0SDの間に95%の子供が入ると言われています。

成長曲線の中で、平均値に収まらない5%の中でも、低い身長の人が医学的な低身長という定義に当てはまり、100人で2〜3人ほどの割合で存在。

医学的な低身長の原因の多くは、遺伝性や体質によるものが多く、中には成長ホルモン関連の疾患や染色体や骨の病気が原因の場合もありますが、適切な治療をすれば身長は伸びます。

しかし治療の開始時期が遅くなると、それだけ効果が出にくくなりますので、-2.0SD以下の場合には、早めに病院で検査を行うことが必須。

年齢別、低身長の子供の身長の推移データとは?

では実際に、どのくらいの身長なら、低身長と考えるべきなのか?年齢別、性別の数値データを紹介します。

  • 4歳:男の子92.5cm、女の子91.9cm
  • 5歳:男の子98.1cm、女の子97.7cm
  • 6歳:男の子103.8cm、女の子103.4cm
  • 7歳:男の子109.4cm、女の子108.8cm
  • 8歳:男の子114.7cm、女の子108.8cm
  • 9歳:男の子119.7cm、女の子118.7cm
  • 10歳:男の子124.6cm、女の子123.9cm
  • 11歳:男の子129.0cm、女の子130.3cm
  • 12歳:男の子133.9cm、女の子137.0cm
  • 13歳:男の子140.7cm、女の子142.2cm
  • 14歳:男の子148.6cm、女の子145.2cm
  • 15歳:男の子154.7cm、女の子146.5cm

もしお子さんが上記数値よりも小さい場合には、少しでも早い段階で病院での低身長治療を検討することをおすすめします。

子供が低身長になる原因や気になる疾患は?

子供低身長は、遺伝的要素と疾患によるもの、栄養不足など・・・様々な事がきっかけになりますが、ここでは、どんな疾患があるのか?

ということに着目して、子供が低身長になる原因を紹介します。

成長ホルモンや甲状腺ホルモンの病気が低身長の原因

出産時に仮死状態になったりする事故等で、脳や脳腫瘍など脳の下垂体が障害を受けることが原因になり、成長ホルモン分泌不全性低身長症や甲状腺機能低下症などの疾患を招きます。

脳の下垂体から成長ホルモンが分泌されなくなると、身長の伸びが悪くなり、周りの子供に比べて、徐々に成長が遅れることに。

軽度の成長ホルモン分泌不全の場合には、はっきりとした原因が見つからずに成長が遅れますが、成長ホルモンを治療で補うことで、身長が伸びるようになります。

成長ホルモンだけではなく、甲状腺ホルモンの分泌異常がある場合でも、身長の伸びが悪くなることがありますので、その点にも注意が必要です。

染色体の病気が原因の低身長とは?

2000人にひとりの割合で、ターナー症候群を発症します。

ターナー症候群は、2本あるX染色体が1本しかなかったり、一部に欠落があることが原因。

均整の取れた低身長になるものの、卵巣の発育が悪く思春期が来なかったり、心臓の一部に疾患を持っていたりします。

成長ホルモンや女性ホルモンを補充する治療を行い、成長を促進する必要があります。

10000人に1人の割合で、プラダー・ウィリー症候群を発症します。

プラダー・ウィリー症候群とは、15番目の染色体の以上で、低身長+性腺の発育不良の原因に。

乳幼児期には筋緊張が低下し、肥満や発達障害を起こしますが、成長ホルモンを補充することで、身長も伸び、筋緊張の状態も改善します。

子宮内発育不全(SGA性低身長症)が原因の低身長

子宮内発育不全とは、早産や何かしらの理由で、出産時に発育不全の状態で生まれてきた子供に多い疾患。

ほとんどの子宮内発育不全で生まれた子供でも、3歳時までには身長が伸びるようになりますが、稀に身長の伸びが悪い子供がおり、その場合には成長ホルモン治療を行います。

骨や軟骨の病気が原因で低身長に

骨や軟骨に異常があることで、身長が伸びないだけではなく、体に比べて手足が短いとか、バランスが悪いなど、見た目の均整が乱れます。

主に遺伝性の疾患ですが、突然変異で子供だけに発症することも。

軟骨異栄養症と呼ばれる状態が最も多く発生し、その場合には、成長ホルモン治療やイリザロフなどの骨延長術を行って、外科的に骨を伸ばします。

心臓・肝臓・腎臓などの臓器の異常が原因の低身長

心臓・肝臓・腎臓などの臓器に異常があり、体内に十分な栄養素を摂取できないことで、子供の身長の伸びが悪いことも。

低身長の検査を受けた際に、これらの臓器に病気や症状が隠れていることもあり、その場合には先にその治療を行います。

小児慢性腎不全の子供も低身長の傾向が強いですが、−2.5SD以下の場合には、成長ホルモン治療も併用され、身長を伸ばすことを目指します。

低身長だからと諦めなければ、子供の身長は伸びる!

医学的な低身長の子供でも、幼少期に発見し、早期治療&早期対応することで、平均身長くらいまでは、身長が伸ばせる事がわかっています。

この場合、成長ホルモンを直接血管内に投与したり、成長ホルモンの分泌を促進する治療が優先されます。

その治療も完全ではなく、どの程度の効果が出るのかは、やってみなければわからない部分もあり、経済的・金銭的負担も重くのしかかってきます。

最近は補助金や保険でのカバー範囲が広がってきたこともあり、以前よりは良い状態になってきましたが、まだまだ完全ではありません。

実際に医療行為が必要のないレベルで、食習慣や生活習慣を改善することで、身長が伸びる人もいますので、できることから見直しを行っていきましょう。

そうした家庭での努力が、低身長で悩む子供を減らすきっかけになりますので、より効果的な方法を実践するのがおすすめです。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!