小学校低学年で、しっかり身長を伸ばしたい人が送るべき生活習慣や基本的な考え方とは?

身長が伸びる理由や仕組みを理解することが、低学年での身長の伸びにつながり、将来的な身長の高さを手にできることに。

その為にも小学生の子供が、低学年の時期を大切に過ごすことが本当に大切なんです。

小学校低学年で身長を伸ばすことが大事な理由とは?

将来的な身長の高さを決めるのは、成長期にどれだけ身長を伸ばせるのか?ということではありません。

成長期とは誰にでも来るもので、そのタイミングで伸びる身長の幅は、ほぼ決まっているんです。

だからその前にどれだけ身長を伸ばしておけるのか?どれだけ身長が伸びやすい生活習慣を身に着けておくのかということが大事。

それに成長期が終わってしまえば、子供の身長はもう二度と自然に伸びることはありません。

だからこそ、成長期に入る前の小学校低学年の時期までに、しっかり身長を伸ばすことが基本です。

身長が伸びることは骨が伸びること、成長期が終わると骨の伸びしろがなくなってしまいますので、それまでにしっかり伸ばしてあげましょう。

小学校低学年の子供は睡眠時間に身長が伸びる!

これは小学校低学年の子供だけの話ではありませんが、睡眠時間に体は休息と再生を行います。

そのタイミングで普段の生活で疲労した部分の修復や、新しい細胞がどんどん生み出されるわけです。

しかし最近の幼稚園児や小学校低学年の子供の中には、22時を過ぎても外にいたり、寝るのは日付が変わってから・・・なんて子供も多いんです。

実際に日本の子供の睡眠時間は、先進国の中では世界最短という調査結果もあるほどで、3歳の時点から慢性的な睡眠不足。

睡眠不足が続くことで、身長が伸びないだけでなく、早熟化傾向が強まり、成長期が早く始まることになります。

欧米人に比べて、元々早熟傾向のある日本人がさらに早熟化することで、身長が伸びる時期が相対的に短くなり、低身長で止まってしまう。

そして成長期が終わってから、身長を伸ばす方法を考えるという悪循環にはまっていくんです。

睡眠習慣は、幼少期からの積み重ねの結果で決まるもの。

欧米のように小さな頃から、ひとりで自分の部屋で寝かせるのは難しいかもしれませんが、少なくとも小学校低学年までは9〜10時間は確保するようにしてください。

子供は極力外で遊ぶ時間を作ってあげることも大切。

小学校低学年までの子供は、とにかく体を動かすことが大切です。

この年齢までだと、スポーツを専門的にやるということもあまりないと思いますが、スポーツをさせることよりも、鬼ごっこでも追いかけっこでも良いので、外遊びは大事。

公園で1時間、その辺を走り回ったり、ジャングルジムに登ったり、ブランコで遊んだり・・と、そういった事で体を動かすようにしましょう。

幼少期の運動習慣が、将来的な運動神経の良さを決定し、小学校高学年や中学生や高校生での部活にも影響します。

この時期に体を動かすことは、そういった長期的な視点でも大事なことですし、運動により骨に刺激を与え、成長を促進することにもつながります。

さらに外で太陽の光を浴びると、腸内でビタミンDが作られ、カルシウムの吸収率を高め、強い骨に強化することもできます。

小学校低学年からの身体の成長で、一時的に骨折や骨にヒビが入る子供も多いので、健康に過ごすという意味でも、ビタミンDの合成は大切です。

真っ黒に日焼けするような遊びが大事なのではなく、1日10〜15分でもビタミンDの合成は十分にできますので、日焼け止め等も活用しながら、外で過ごすようにしましょう。

小学校低学年までの身長の伸びには栄養素もすごく大事。

成長期に子供の身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンの分泌による影響ですが、その前のタイミングである小学校低学年までは、食事で摂取した栄養の影響。

だから普段から、身長を伸ばす際に必要な栄養成分をしっかりと摂取しておくことが大切です。

骨を伸ばすのは、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKの6つの栄養素。

特にタンパク質が骨の骨格部分になったり、身体の様々な部分を作る際に重要な役割を担っていますので、タンパク質を大量に摂取するようにしましょう。

その際にも、肉類や魚介類の動物性タンパク質ばかりではなく、大豆製品の植物性タンパク質もバランスよく摂取することが大切。

高タンパク低脂肪の食事を食べること、できるだけ多くの食材を食べることなど、栄養バランスにも気をつけてください。

しかし小さな子供は好き嫌いが激しいもの。

そういった時には、天然由来成分のタンパク質を中心に摂取できるサプリメントの活用もひとつの方法です。

小学校低学年でサプリメント?と思うかもしれませんが、このタイミングでどこまで身長を伸ばすかが、将来的な身長の高さにつながります。

そういった意味では、食事で補えない栄養成分をサプリメントで補うという考え方は合理的なもの。

子供の成長のために何ができるのかをしっかり考えて、少しでも大きく成長させてあげるようにしましょう。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!