成長期の中学生や小学校高学年の子供なら、一旦身長の伸びが止まった場合でも、簡単に伸ばすことは可能。

中学生の場合には、身長が止まった明確な理由がありますので、努力次第では、その原因を改善することもできるんです。

実際にどんな方法を行うことで、一度止まった身長が再び伸びるようになるのかを身長が止まる原因と合わせて紹介します。

ちなみに男子高校生でも晩熟型の人なら、今回紹介する方法で身長が伸びる可能性があるので、実践してみましょう。

成長期の中学生で、身長が止まった人にありがちな理由とは?

72442034bc294b6329ea01dfef8a7cd1_s

中学生になると、男の子も女の子もほとんどが成長期を迎え、人生の中でも急激に身長が伸びるタイミングに突入します。

そんな時期に自分だけ身長が止まってしまったら、すごく不安になりますよね?

でも体の成長には、早熟型と晩熟型の人がおり、両親が晩熟型ならそこまで不安にならなくても、高校生になると自然に身長が伸びるようになります。

しかし、身長の伸びが止まったという現実に直面している場合には、その現実をしっかり受け止める必要があり、原因を考えて改善する事が大切。

そうすることで、晩成型の子供でも、最終身長をしっかり伸ばす事ができます。

まず理解すべきなのは、身長が止まったことには、ちゃんとした理由があります。

その理由は主に4つ。

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 栄養不足
  • ストレス過多

その中でも、成長期の中学生に特に多いのが、睡眠不足と栄養不足。この2つを改善するだけでも、止まった身長が伸びることがあります。

成長期は普通に生活するだけで、身長が自然に伸びる時期。

6a1bfd1bcf730e8afa0fe3698a9055e7_s

そもそも成長期という時期は、その言葉通りに、体が成長する時期です。

人生で身長が急激に伸びる時期は2度あり、1度目は生後1年間、2度目が成長期のタイミング。

だから、普通に生活しているだけでも、身長がしっかり伸びるはずですから、身長が止まった原因を見つけ、改善するだけでよいことを理解しましょう。

この時期には、男子なら年間7〜8cm前後の身長の伸びは普通ですし、女子でも年間5〜6cmは身長が伸びるはず。

本来なら、身長が伸びる仕組みが自然に動き、努力しなくても、苦労しなくても、体が勝手に成長するはずです。

でも基本的な生活習慣が間違っていたり、成長に必要な栄養素が不足していたりすると、成長期の中学生でも身長が伸びない結果に。

ここ10年ほど、日本人の平均身長が伸び悩んでいるだけではなく、実は若干縮み始めていますので、身長の伸びに悪影響を与える環境が蔓延していると理解しましょう。

成長期の子供の場合には、身長の伸びを悪化させる理由を排除することが、最も簡単に身長を伸ばす方法。

そこに気づき、意識的に生活習慣や食習慣を改善するだけで、一度止まった身長も、再び伸ばすことができます。

ただひとつ言えることは、止まった身長を放置すれば、そのままの身長が最終身長になる可能性が高い。

そして大人になって伸ばそうとしても、自然に身長が伸びることは一切ないということ!

だから遅くとも高校生までには、一度止まった身長を再び伸ばす必要があります。

ストレスは成長ホルモンの分泌量を減らし、成長を阻害する!

最近の子供は学校や家庭内など、様々な場所でストレスを溜めがち。

昔のように表面的に子供のことをすべて見る事ができた状況と異なり、大人の見えない場所で知らぬ間にストレスを溜めていることも。

小学校高学年から中学生にかけては、特にこのストレスが成長を阻害する原因にもなります。

それがストレスが成長ホルモンに与える影響。

実はストレス過多の状態が続くと、子供の体内では成長ホルモンの分泌量が減少し、成長期にしっかり身体を成長させることができなくなります。

さらにストレス状態が続くことは、筋肉の緊張状態が続き、血管を収縮させ全身の血流の悪化を招き、全身に血液が行き渡らない状態に。

新鮮な血液が全身に流れないということは、酸素や栄養素が不足し、細胞の成長が阻害され身体を大きく成長させることができないということ。

ストレスは成長ホルモンの分泌量だけではなく、細胞が持っている成長しようとする力を阻害する作用もあります。

成長期は、精神的にも不安定になりやすい時期ですので、ストレス過多の状態が続くことで、心身のバランスが乱れ、非行に走ることも。

成長期のストレスには、身長を伸ばす仕組みを低下させる作用があることを理解して、普段からストレスの解消も意識的に行うようにしましょう。

止まった身長を伸ばす方法を紹介、努力次第でまだまだ伸びる!

4d04c863f40fd30698b7ed7075363d6e_s

成長期の中学生なら、まだ比較的簡単に身長を伸ばすことができます。

身長が伸びるためには、骨の骨端線が残っていることと、成長ホルモンが分泌されることが大切。

骨端線が閉鎖するのは、男子の場合には17〜18才、女子の場合には15〜16才頃だと言われています。

そのタイミングまでは、身長が伸びるメカニズムが体内に残っていることを理解しましょう。

成長期に止まった身長を伸ばすために大事なことは、成長ホルモンの分泌量を増やすこと、身長を伸ばす栄養素を補給すること。

骨端線は残っているわけですから、それを除いた身長が伸びる要素を改善することが最優先。

もちろん、運動をしたり、ストレスを溜め込まないということも大切ですが、率先してやるべきはこのふたつ。

本気で止まった身長を伸ばしたいなら、毎日8時間(22〜2時)を含む睡眠時間の確保をしましょう。

そして食事は、高タンパク質低脂肪が基本で、野菜や魚、肉や大豆製品などできるだけ多くの食べ物を摂取するようにします。

もし食事でしっかり栄養素を補給できないのであれば、総合栄養バランス型の身長サプリメントを活用し、栄養摂取状態を改善する。

中学生で身長が止まったなら、この2つを実践するだけでも止まった身長が伸び始めることが多いんです。

部活や勉強などで睡眠時間の確保が難しいなら、総合栄養バランス型のサプリメントの摂取は必須。

栄養面を強化することで、身長が伸びる仕組みを効率的に回すようにしましょう。

実際に身長サプリメントを飲むだけでも、一度止まった身長が再び伸びはじめる子供がいますので、まずは効率的な栄養摂取を実践してください。

止まった身長を伸ばす際に摂取したい身長サプリメントは?

実際にどの身長サプリメントを摂取すると、止まった身長を再び伸ばすことができるのか?

身長が伸びる為に必要な栄養素は、タンパク質。タンパク質を中心に、様々な栄養素をバランスよく摂取すること。

だから、摂取できる栄養成分がタンパク質中心のものを選ぶことが基本。

さらにタンパク質の吸収率や身体での作用を考えた場合、天然成分の原料で作られた商品を選ぶことも大切。

中学生や成長期の10代向けに十分な栄養成分を含有している身長サプリメントは、実は非常に少ないんです。

セノビックやアスミール、のびのびスムージーなどの牛乳に混ぜるタイプは、摂取できる栄養成分の7割以上が炭水化物。

成長ホルモンの分泌を高めるアルギニンを高含有しているDr.senoboiruも実は、62%弱が炭水化物で、アルギニンを効率的に摂取できるわけではありません。

さらにアルギニンをサプリメントで摂取しても、成長ホルモンの分泌効率を高めないことは、科学的に証明されているという現実があります。

だからこれらの身長サプリメントを、身長が止まった中学生が摂取しても、効率的に身長を伸ばすことは出来ません。

カラダアルファだけが、天然成分のスピルリナを中心に摂取できる栄養成分の53.8%がタンパク質。

さらに様々な栄養成分も、バランスよく摂取することができる総合栄養バランス型の身長サプリメント。

だからもしあなたが一旦止まった身長を再び伸ばしたいなら、カラダアルファを3〜6ヶ月飲んでみることをおすすめします。

これが最も効率的に、成長に必要な栄養成分を摂取する方法。

本当に効果的な身長サプリメントは、摂取できる栄養成分を見ると、誰でも簡単に判断することができますので、気になる方はその点を中心にチェックしてみてください。

身長が止まった中学生にタンパク質をすすめる理由とは?

タンパク質の積極的な摂取を、なぜ身長が止まった中学生にすすめるのか?ということについては、実は明確な理由があります。

それは、厚生労働省が実施している「国民健康・栄養調査」の調査結果をチェックすることで納得できるでしょう。

実は毎年、栄養素ごとの年齢別の摂取状況の推移が統計データとして、蓄積&報告されていますので、それを見ると日本人の食生活の変化がよくわかります。

戦後に日本人の平均身長が急激に伸びたのは、摂取カロリーや摂取できる栄養素が豊富になったから。

食の欧米化、なんていう言葉もあるほど、日本人はお肉の摂取量が大幅に増加しましたよね?

でもそんな日本人の食生活に、1994年〜2000年を境に大きな変化が起こっているんです。

あまり知られていませんが、現在の日本人の摂取カロリーは、戦後間もない1950年台の1900kcalよりも少ない状況。

  • 1995年:2050kcal
  • 2010年:1850kcal

摂取カロリーが減少するということは、それぞれの栄養素の摂取量も減少するということ。

その中でも、大きく減少しているのがタンパク質。

  • 1950年:68.0g
  • 1994年:79.7g
  • 2015年:69.1g

タンパク質摂取量は、ほぼ戦後間もない時期まで激減していることがわかります。

これが成長期の中学生の身長の伸び悩みや、急に止まったという状況の原因のひとつ。

ちなみにカルシウム摂取量の推移状況をチェックすると、

  • 1950年:270mg
  • 1994年:545mg
  • 2015年:517mg

カルシウムも減少しているものの、タンパク質ほどの減少幅ではなく、まだまだ豊富に摂取出来ていることがわかります。

この状態こそが、成長期の中学生の身長の伸びを鈍化させ、将来的な低身長の要因のひとつ。

だからこそ、積極的なタンパク質の摂取を私は推奨しているわけです。

中学生は効率的にタンパク質を摂取することが、身長を伸ばす仕組みを簡単に活性化する方法。

もしあなたが身長をもっと伸ばしたいなら、お子さんのタンパク質の摂取方法について、もっと真剣に考えてあげてください。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!