早熟は身長が伸びる期間が短く、低身長で止まってしまうという話があります。

早熟傾向が強い子供には、どんなタイプが多いのでしょうか?

そこからわかる、子供の早熟化を防ぐ方法を紹介します。

日本人は、欧米人よりも早熟傾向が強い民族です。

68fafbefaa0099d69e97f81bef44c670_s

まず最初に理解しておくべきこと、男の子も女の子も日本人は、欧米人と比較すると早熟傾向が強い民族であるということ。

だから、何もしない状態でも早熟型であることをまず最初に理解すべきでしょう。

実際に女の子の初潮、男の子の精通の年齢は欧米人に比べると、女の子で約1年、男の子で約1.5年は平均して早いと言われています。

この思春期の1年という期間が、欧米人と日本人の平均身長に大きな違いの原因。

成長期の1年間で平均身長が5〜7cmほど伸びることを考えると、日本人男性とアメリカ人男性の平均身長の違いが7cmなので、ちょうどピッタリです。

そこで重要になるのが、早熟化を予防して思春期までの期間をどれだけ長くできるのかという考え方。

それが、身長をより伸ばす結果に繋がりますので、まずは早熟化しにくい生活習慣を幼少期から送ることが必要です。

では実際にどうすれば良いのか?

早熟傾向が強くなる生活習慣を知ることで、その逆の生活習慣を送ればよいことがわかります。

睡眠不足の子供は、早熟傾向が強くなりやすい。

c4116dc722547353ef8b6031fd163bc7_s

日本人は大人だけではなく、子供も慢性的な睡眠不足。

特に子供の平均睡眠時間は、3歳児の段階で先進国の中で最も短眠で過ごしている民族です。

慢性的な睡眠不足が続くことで、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌量が抑制されることに。

メラトニンには、睡眠をつかさどるホルモンという部分と、性成熟を抑制する作用もあるんです。

性腺刺激ホルモンを抑制するホルモンに、メラトニンが働きかけることで、性成熟が抑制されます。

だからメラトニンがしっかり分泌されなければ、どんどん性成熟が進み、早熟傾向が高まっていくことに。

メラトニンの分泌量は、1〜5歳が最も多く、10才を過ぎると急激に減少していきますので、その期間にしっかり分泌させることが大切。

子供は幼少期からの睡眠不足に、十分に注意しましょう。

運動不足で肥満体型の子供も、早熟傾向が強くなりやすい。

ba044937e629634d23947402fb5b0924_s

肥満体型の子供も、実は早熟傾向が強く出る体質だということを理解しましょう。

肥満体型の子供の性成熟が進みやすい理由は、女性ホルモンとも深く関わっているんです。

男の子なのに女性ホルモン?と思うかもしれませんが、男性ホルモンは、実は女性ホルモンに変換されやすいので、男の子も女性ホルモンの影響を受けます。

さらに肥満体型の子供の食生活では、コレステロール過多の食生活を送っている事が多いでしょう。

実はこのコレステロールが、性ホルモンの原材料になります。

性ホルモンの原材料が増えれば、自然にその産生も進み、大量の性ホルモンが分泌され、性成熟が早まるのは理解できますよね。

しかも太る食生活=成長ホルモンが分泌されにくい食生活なんです。

成長ホルモンは、運動時や低血糖のタイミングで分泌されますが、肥満体型の子供は運動不足で間食が多い傾向がありますので、まさに真逆の生活習慣を送っていることに。

こういったことを踏まえると、肥満体型により早熟傾向が高まるということが、よくわかると思います。

早熟傾向を遅くしたいなら、早寝早起きと体型に注意する

91f6b37cf774f8e0c33dfa1e36475a68_s

ここまでお話したので、自分やお子さんの生活習慣を振り返ってみるとわかると思います。

運動不足で肥満体型、それで夜更かしばかりしていたらどうなるのか?

完全に早熟傾向が高まり、性成熟も進み、身体と心のバランスも崩れてしまい、最終的に低身長で止まってしまう。

という最悪のパターンにはまって、将来的に低身長で悩むことに。

そんな結果で終わらない為に必要なこと、それはまずは早寝早起きの生活習慣に変えること。

そして運動を生活に取り入れ、食事内容も高脂肪・高カロリー・高コレステロールから脱却することです。

インスタント食品、冷凍食品、加工食品、スナック菓子、炭酸飲料、スイーツ・・・どれも子供の成長に必要な栄養素を含んでいません。

そんな食生活だと、成長に必要な栄養素を摂取できず、どれだけ成長ホルモンが分泌されても、子供の身長が伸びることはないでしょう。

日本人の身体にあった食生活は、ずばり和食です。

最近の子供は、洋食や味付けの濃いものを好む傾向がありますが、塩分控えめの和食を基本にしましょう。

そのうえで、しっかり身体を動かして、メラトニンを分泌させたり、太陽の下でビタミンDを合成したりと、少しでも子供らしい生活習慣を送る。

それが、子供の身長をしっかり伸ばすことにつながります。

いきなり生活習慣を変えるのは難しいと思いますので、まずは早起きから始めるのが良いと思います。

朝早起きして、朝陽を浴びれば体内時計もリセットされ、夜になる頃には自然に眠くなりますので、生活習慣の改善にはピッタリです。

しかもこの朝陽を浴びるということは、メラトニンの分泌にも役立つ効果がありますので、性成熟を抑制するという意味でも非常に効果的なこと。

早熟傾向が強い子供が効率的に身長を伸ばす方法とは?

早熟傾向は今日生活習慣を変えたから、すぐに晩成型に切り替わるということではありません。

早熟型になるのも日々の生活習慣の積み重ねですし、それを改善して晩成型にするのも日々の生活習慣の積み重ね。

だからすでに小学校高学年や中学生になっているような子供の場合には、身長が伸びる期間があまり残されていませんので、生活習慣の改善だけでは身長を効率的に伸ばせません。

では早熟傾向が強い子供がどうすればよいのか?

それは栄養面を強化することで、体内にある身長が伸びるメカニズムをしっかり作用させてあげること。

子供の身長が伸びるためには、タンパク質をしっかり摂取する事が基本。

タンパク質と言えば、お肉という発想をしてしまったら、その時点で早熟傾向を止めることはできないでしょう。

高タンパク質低脂肪の食生活にして、質の良いタンパク質をしっかり摂取することが大切。

その為には普段の食事でタンパク質を摂取するのではなく、より効率的にタンパク質を摂取すると効率的に身長を伸ばすことができます。

特におすすめなのは、カラダアルファという成長期の10代専用の身長サプリメント。

カラダアルファは、摂取できる栄養成分の53.8%がタンパク質。

しかも吸収率95%以上のスピルリナを原材料の4割も配合しているので、非常に効率的にタンパク質を活用して、身長を伸ばす効果が期待できます。

摂取カロリーを抑えて、成長に必要な栄養素だけを摂取するということは、早熟傾向の強い子供でも、しっかりと身長を伸ばす結果に。

カラダアルファを飲み始めてから、一旦止まった身長が再度伸び始めたという口コミや評判もありますので、早熟傾向の強い子供には、まさにピッタリの身長サプリメントです。

我が家でも子供にカラダアルファを飲ませて、身長がしっかり伸びることも確認していますので、本当におすすめできる商品です。

もしあなたがお子さんの早熟化や、すでに中学生になった子供の身長の伸びに悩んでいるのなら、3〜6ヶ月ほどカラダアルファを飲ませると良いでしょう。

自然に身長を伸ばせるのは、成長期が終わるまでの本当に限られた期間ですので、そのタイミングをしっかり活用するためにも、非常に大切な考え方ですよ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!