子供の身長を伸ばしたいなら、睡眠時間の確保は本当に基本的なことですが、実は最近の日本ではそれが出来ていません。

その結果、日本人の子供の平均身長がどうなっているのか、あなたは知っていますか?

身長を少しでも伸ばしたいなら、小学生でも中学生でも高校生でも睡眠時間の確保が必要な理由を紹介します。

睡眠時間の確保が身長を伸ばす際に大切な理由は?

少しでも身長を伸ばしたい、少しでも大きく成長したいと考える子供や親御さんは多いですが、睡眠時間の重要性について、本当に理解している人は少ないんです。

そもそもなぜ睡眠時間の確保が必要なのか?

それが子供の成長に最も大きな影響を与える、成長ホルモンの分泌との関係性があるから。

身長が伸びる際には、子供の骨が伸びる必要がありますが、その指令を最初に出すのが成長ホルモンの役割です。

だから成長ホルモンがしっかり分泌されない子供は、低身長で止まってしまうというリスクがあるわけです。

本気で低身長の治療を医療機関で行うと、年間数百万円の治療費が必要になり、それでも平均身長まで届くかどうか。

そのレベルになってしまうんです。

そのくらい成長ホルモンが子供の身長に与える影響は大きいのに、最も簡単に成長ホルモンを分泌できる睡眠時間の確保が出来ていない家庭が増えています。

日本人の平均睡眠時間は、先進国の中では最も短い!

数年前に行われた世界的な睡眠時間の調査結果ですが、実は日本人の3歳の子供の平均睡眠時間が先進国で最も短かったんです。

最長のニュージーランド人と比較すると、毎日100分も短い時間しか日本人の子供は寝ていません。

1日100分、1ヶ月で3,000分、1年で66,000分。

つまり、1,100時間(45.8日分)も睡眠時間が短いんです。

この影響がどれだけ甚大なのか?ニュージーランド人の平均身長は男性177cmで、女性165cmです。

日本人の平均身長よりも、男女ともに6〜7cmも高い結果に。

たった6〜7cmだと思いますか?白人だからではなく、睡眠時間をしっかり確保していることで、子供の早熟化が進まずに、しっかり成長することができるんです。

睡眠時間の確保が子供の早熟化を予防する。

幼少期からしっかりと睡眠時間を確保している子供と、睡眠不足の子供の一番の違いは、早熟化になるかどうかという点です。

元々、日本人は人種的にも早熟化傾向のある民族。

そこに幼少期から睡眠不足が重なることで、さらなる早熟化が進み、女の子の場合、小学校1〜2粘性で初潮がきてしまうこともあるんです。

初潮が来るということは、すでに成長期が始まっているという意味で、その結果身長が伸びる時間がもう僅かしかないということに。

一般的に初潮後の平均身長伸びは、6〜7cmだと言われています。

もし小学校2年生から6〜7cmしか身長が伸びなかったらどうなるか?考えたくない話ですよね?

でもそれが男女ともに起こっているのが、ここ数年の日本の話。

その原因の中でも最も大きな理由が、子供の慢性的な睡眠不足なんです。

先ほどお伝えしたように、日本人とニュージーランド人の比較では、年間45日以上も睡眠時間に違いがあるわけです。

日本人と欧米人の初潮や精通などを比較すると、平均的にみても1年以上欧米人の方が遅いんです。

成長期の1年に伸びる身長が、6〜7cmだと言われていますので、まさにその1年間を失っているというのが、日本人の現状。

日本人の平均身長は、実は男女ともに縮み始めている。

ここ10年ほど日本人の平均身長が停滞しているとか、伸び悩んでいるという話を聞いたことがあると思います。

厳密な話をすれば、日本人の平均身長は停滞しているのではなく、縮み始めています。

1cmも満たない範囲なので、誤差と言うかもしれませんが、誤差ではなく男女ともに確実に縮んでいます。

しかもその傾向は、年々強くなっており、今後も平均身長が伸びたり停滞するというよりも、知人で行く傾向が高まると思います。

それが慢性的な睡眠不足と、子供の摂取する栄養量の減少、慢性的な運動不足という身長が伸びるメカニズムと真逆に進行している現状だから。

本当にこの数年の子供の環境は、身長が伸びないように努力しているのではないか?と考えてしまうようなもの。

睡眠不足・栄養不足・運動不足・・・そして過度なストレス。

これだけ悪い要因が揃っていますので、子供の身長が伸びると気楽に考えている方が、おかしいのではないか?とも思えるレベルです。

だからこそ、積極的に睡眠時間を確保する必要がありますし、栄養面も運動不足も解消する必要があります。

ちなみに運動不足で肥満体型の子供の場合、性ホルモンの分泌や生成が促進され、早熟化傾向が高まることがわかっていますので、それも大きな問題です。

このように本当に日本人の子供を取り巻く環境は、年々悪化して、身長が伸びないようになっていますので、幼少期から睡眠時間をしっかり確保すること。

これを意識的に行ってください。

さらに成長に必要な高タンパク低脂肪の食生活を心がける、栄養不足なら身長サプリメントなどを併用し、栄養面のサポートを行うこと。

体を動かす機会を増やして、少しでも運動不足を解消すること。

これらを総合的にしっかりと行うことが、将来的な子供の身長を伸ばす結果につながりますので、ぜひ実践してみてください。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!