最近は小学生の時期に、急激に身長を伸ばす子供が増えているという情報もありますが、成長期といえば、中学生や高校生のイメージがありますよね?

でも実際の子供の成長状況からわかる成長期はどの時期になっているのか、より効率的に身長を伸ばす方法やポイントとは?

少しでも子供の身長を伸ばしたいと考えているお母さんが、子育ての際に意識すべきポイントについて紹介します。

子供の身長が急激の伸びる時期が小学生なのは本当か?

子供の身長を伸ばしたいと考えているお母さんがまず最初に理解しておくべきことは、実際に最近の子供の成長動向がどうなっているのかということ。

成長期といえば、中学生や高校生というイメージが多い特徴がありますが、成長期の中でも特に急激に身長が伸びるのは、成長期でも前半部分。

成長ホルモン+性ホルモンの影響を受けた骨の骨端線が細胞分裂を活性化し、その影響で骨が伸びて身長が伸びる結果に。

だからこそ、成長期の前半部分での身長の伸びが非常に大切ですが、ここ最近は子供の早熟化が進行していることもあり、その年齢がどんどん低年齢化しているんです。

その状況を裏付けるのは、毎年行われている学校保健統計のデータ。

平成27年に行われた学校保健統計のデータを参考に、子供の身長が最も伸びている3年間をチェックすると、非常に驚くべき事実がわかります。

子供の身長が最も伸びている3年間は、

  • 男子:小学5年生から中学1年生
  • 女子:小学3年生から小学5年生

さて、この状況をあなたはどう考えますか?

まだまだ成長期だとか、身長について考える前の段階で、身長の伸びのピークを迎えている。

特に女の子の場合、身長の伸びのピークを迎えている時期では、好き嫌いや小食な子供も多いですし、身長についてそこまで意識していない年齢です。

それでも身長が急激に伸びている時期に当てはまるわけですから、しっかりと考えてあげることが大切。

成長期や思春期で重要なのはタイミングごとの考え方!


少し意外な話だったかもしれませんが、これは実際の平均身長の伸びのデータからみた現在の子供の成長具合ですので、現実の話です。

成長期や思春期は、中学生や高校生というイメージが強いですが、前半と後半で身長が伸びる理由を考えると、若干違いがあります。

前半部分も後半部分も成長ホルモンの分泌量が多ければ多いほど、骨の骨端線での細胞分裂が活性化されるという点では共通している状態。

しかし性ホルモンの作用を考えると、前半部分と後半部分では大きく異なります。

成長期の前半部分では、性ホルモン+成長ホルモンの作用で、骨の骨端線での細胞分裂が活性化され身長が急激に伸びますが、後半部分になると性ホルモンが骨端線に与えるのは悪影響。

成長期後半の性ホルモンの動きは、骨の骨年齢の上昇なので、骨年齢を閉鎖させる作用があり、その影響でどんどん身長の伸びが鈍化します。

だから成長期や思春期で身長をしっかり伸ばしたいと考えるなら、性ホルモンの分泌量を抑制する方法を実践することが大切なポイント。

性ホルモンの分泌量を抑制できれば、それだけ性成熟の進行具合が緩やかになり、身長を伸ばす期間を増やすことにも繋がりますので、非常におすすめのこと。

では実際にどのような生活習慣で過ごすと、成長期の進行具合が遅くなるのかを次の項目で解説します。

成長期の進行具合を遅らせる生活習慣やポイントとは?

性ホルモンの分泌量によって、身長の伸びが変わるのなら、できるだけその分泌量を抑制し、少しでも子供の身長が伸びる期間を増やしたいもの。

その際におすすめなのは、まずは規則正しい睡眠習慣で早寝早起きをすること。

早寝早起きの規則正しい睡眠習慣で、起床後に朝陽を浴びるようにすると、体内時計がリセットされて、その15時間後に自然と睡魔が訪れます。

これは体内時計がリセットされたことにより、メラトニンの分泌量が増え、よりよい睡眠習慣に変化するから。

さらにメラトニンには、性ホルモンの分泌量を抑制する作用があるので、メラトニンの分泌量を増やすことは、性成熟の進行速度を遅らせること。

だから幼少期から規則正しい睡眠習慣で、睡眠時間をしっかり確保できている子供の場合は、性ホルモンの分泌量が少なく、思春期の到来が遅くなるので、早熟化の予防にも役立ちます。

また標準体重を維持することも大切で、肥満体型やぽっちゃり体型だと性ホルモンの分泌量が増えることに。

実は脂肪細胞は、体内で最大の性ホルモンの受容体なので、脂肪細胞が多ければ多いほど、性ホルモンの分泌量が増える傾向があります。

子供を早熟にさせたいなら、睡眠不足でぽっちゃり体型に育てれば良いと考える事もできますが、ここではその逆に考えましょう。

規則正しい睡眠習慣と適正な体重管理を行うことは、成長期を長くして子供の身長をしっかり伸ばすことに繋がりますので、非常におすすめ。

成長期の栄養不足で身長が伸び悩んでいる子供も増えている!

性成熟の進行速度や進行具合も成長期の身長の伸びに大切なポイントですが、身長を伸ばす為には豊富な栄養成分が必要。

人間は食べたものからしか身体を作ることができませんので、成長に必要な栄養素をしっかり摂取できていないと、いくら成長期といえども身長を効率的に伸ばすことができません。

では成長期の子供にどんな栄養成分が必要なのか?

身長を伸ばす際に最も大切な栄養成分は、骨の原料にもなるコラーゲンを作るために必要なタンパク質。

タンパク質を含んだ食品を摂取すると、体内に吸収する際にアミノ酸に分解し、そのアミノ酸を原料にコラーゲンを体内で合成します。

コラーゲンはコラーゲンを摂取するよりも、アミノ酸を構成するタンパク質を摂取した方が吸収率が高いことがわかっていますので、タンパク質の摂取を優先しましょう。

タンパク質意外に骨を構成する成分は、カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・ビタミンKなので、様々な栄養成分をバランスよく摂取することも大切。

重要だからとタンパク質だけを摂取しても、健康で丈夫な骨を作ることは出来ませんし、タンパク質が豊富だと肉類ばかり食べていれば、カロリーや脂肪分が問題になることも。

タンパク質には、肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質がありますので、うまく組み合わせて摂取することが大切。

タンパク質には骨を構成する以外にも、筋肉や臓器、血管や皮膚、ホルモンの材料になるなど、子供から大人の身体に成長するためには、必ず必要になるものですので意識的に摂取しましょう。

小学生の睡眠習慣が成長ホルモンの分泌量に大きく影響する!

規則正しい睡眠習慣が成長期の進行を遅らせるのに合わせて、睡眠時間の確保と睡眠の質の向上も大切なこと。

特に睡眠後3時間という短いタイミングで、睡眠時に分泌されるほとんどの成長ホルモンが分泌されますので、その際に睡眠の質を高めることを意識しましょう。

暗く静かな部屋で眠ることは当然ですが、それ以上に寝る前の準備も重要。

  • 就寝前から部屋の電気は暗めにする
  • 寝る前にスマホやタブレットはしない
  • ストレッチで血流を改善し、リラックスする
  • 入浴は40度以下のぬるま湯の湯船に浸かる
  • 寝る前はリラックス状態で過ごす
  • 夕食は寝る3時間前までに終わらせる

これらのことを意識した生活習慣にすることで、睡眠直後の3時間の睡眠の質を向上させ、成長ホルモンの分泌量を増やすことが可能に。

ちょっとしたことかもしれませんが、小学生の時期の睡眠習慣は非常に大切なこと。

さらにしっかりと睡眠時間を確保することは、性成熟の抑制や身体の成長にも役立つことですので、小学校高学年になっても、8時間〜9時間の睡眠時間を確保しましょう。

そうすることで、体をしっかり休めていれば、心身ともに健康な状態を維持でき、身長の伸びも良くなるはず。

小学生の運動習慣が睡眠や骨端線、食事にも効果的!

小学生時代にどれだけ身体を動かす機会があるのかということも、身長をしっかり伸ばすためにも必要なこと。

例えば、運動で身体をしっかり動かすことで、大量のエネルギーを消費しますので、自然と食欲増進効果が期待できます。

小学生の成長には食事で摂取する栄養成分が大切なので、身体を動かしてお腹が空けば、それだけしっかりと食事で栄養成分を摂取することができることに。

さらに運動による適度な疲労感は、睡眠の質を向上させたり、睡眠時間の確保にも役立ちますので、外遊びでも良いので、身体を動かす機会を増やしたいところ。

身長の伸びに直接関わってくるのが、骨の骨端線に対して、運動をすることが刺激となり、骨端線の軟骨細胞の細胞分裂を活性化し、骨の成長を促進する効果がある点です。

縄跳びのような単調な運動ではなく、ジャンプしたり、ダッシュしたり、急に止まったりなど・・・様々な動きを組み合わせることでさらに効果的に。

だから、鬼ごっこや追いかけっこのような、外遊びでも十分なんです。

運動をすることは、睡眠時よりも少ないですが、成長ホルモンも分泌されることになりますので、それも小学生で身長を伸ばすことに繋がります。

このように運動習慣をしっかり持っている小学生は、身長が伸びやすい環境を手にすることができますので、できるだけ身体を動かすようにしましょう。

小学生で身長を伸ばすには、身長サプリメントも必要かも。

小学生の時期に身長を伸ばしたいと考えているのなら、身長サプリメントを活用することで、成長に必要な栄養成分を補うことも必要かもしれません。

小学生だと、まだまだ好き嫌いが多かったり、食が細かったり、食事でしっかり栄養成分を補給できないことも。

そうすると小学生の時期にしっかり身長を伸ばすことができなくなることもあるので、栄養不足が原因で身長が伸びないとか、非常にもったいない話ですよね。

そういった状況を改善するのが、普段の食事+身長サプリメントという考え方。

特に身長サプリメントでも、実際に摂取できる栄養成分が豊富な商品を選んであげることが、小学生での身長の伸びを最大化することに。

この点を考えずに、特別な成分が含まれているとか、大手製薬会社の商品だからという理由だけで身長サプリメント選びを行うと失敗することに。

特に最近流行りの牛乳に混ぜるタイプの身長サプリメントや成長応援飲料には、身長を伸ばす成分よりも、味付けに関する成分が大量に配合されているものが多い傾向が。

その結果、実際に摂取できる栄養素の60〜90%が炭水化物という商品もありますので、これでは小学生の身長の伸びを最大化することは難しいですよね。

小学生に身長サプリメントを選ぶなら、カラダアルファ!

実際に小学生の栄養補給におすすめの身長サプリメントは、成長期の10代専用の身長サプリメントであるカラダアルファ。

ただカラダアルファは10代専用の身長サプリメントなので、小学校3〜4年生になってから飲み始めるのが基本。

その前のタイミングでは、できるだけ普段の食事で成長に必要な栄養素を摂取させてあげましょう。

なぜカラダアルファが小学生の身長の伸びに役立つのかといえば・・・

カラダアルファで実際に摂取できる栄養成分の53.8%が植物性タンパク質だから。

タンパク質以外にも原材料の4割がスピルリナなので、50種類以上の栄養成分をバランス良く含有し、その栄養吸収率は95%以上と非常に栄養補給に役立ちます。

だからこそ、成長期の小学生での身長の伸びを最大化する際に、栄養面のサポートに効果的。

本当に様々な身長サプリメントがありますが、カラダアルファ以上に豊富な栄養成分を含有している商品はありませんので、しっかり活用してくださいね。

小学生時代の身長の伸びは、特に普段からどれだけ成長に必要な栄養素を摂取できているのか・・・ということの影響を大きく受けますので、しっかり考えてあげましょう。

カラダアルファも実際の効果を実感できるまでには、3〜6ヶ月ほど飲み続ける必要がありますので、その点を踏まえてしっかりサポートしてあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。


今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?




>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!