小学生の子供でも、小学5年生になって身長が伸びない場合は、実は要注意だということを知っていますか。

特に女子にとっては小学5年生は成長期や思春期のピークで、最も身長を伸ばすことができる時期という特徴が。

その大切な時期に身長が伸びないということは、将来的に低身長で止まってしまう可能性が高いということなので、原因を探してしっかり改善していくべきなんです。

小学5年生は身長を伸ばしたい子供にとても大切な時期。

小学生でも特に大事なのが、小学5年生という時期の身長の伸び方。

女子の身長の伸びのピークは、実は小学4年生、小学5年生、小学6年生の3年間になる子供が多く、男子の場合は、小学6年生、中学1年生、中学2年生がピークの傾向が。

だからこそ、小学5年生で身長が伸びないということは、本来は身長を伸ばさなければならない時期に、身長を伸ばすことができずに、そのまま止まってしまう可能性が高いということ。

それをまず最初に理解しておかないと、身長が伸びないけど、中学生になったら伸びるかなとか、まだまだ大丈夫という甘い認識になってしまい、後悔することに。

中には遺伝的要素が強く、晩成型のように身長の伸びのピークがずれる子供もいますが、大多数の子供にとって、本当に小学5年生は大事な時期。

成長や身長に個人差はありますが、それでもこのタイミングで、身長の伸び幅が増えていない場合には、何か問題があると考えて生活習慣や食習慣などを改善すべき。

中には医学的な治療も必要かも・・・と考える人もいるかもしれませんが、実は小学5年生ではすでに遅すぎますので、病気や疾患が原因の場合には、諦めないといけないかもしれません。

そういったこともありますので、小学生になっても身長の伸びが悪かったり、低身長で悩んでいる場合には、一日でも早い段階で病院で検査を行うようにしてください。

小学5年生で身長が伸びないなら食事での栄養不足を疑おう

これは本当に重要な事ですが、小学5年生で身長が伸びない子供に多いのが、普段の食事で成長に必要な栄養補給ができていないこと。

成長期や思春期になると、普段の生活のための栄養補給とは別に、身体を成長させるための栄養補給が必要になります。

しかし小学5年生では、そこまで大食漢の子供も少ないでしょうし、特に最近の女子に多いのが、小学5年生なのにダイエットをしている子供。

確かに肥満体型やぽっちゃり体型なら、ダイエットを行うことは身長を伸ばす意味でも、非常に大切なことですが、食事制限は間違った方法です。

運動量を増やし、摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことで、自然に痩せていく状態にするのが基本。

標準体型の子供がモデル体型を目指して行うこの時期のダイエットは、間違いなく栄養不足のきっかけになり、小学5年生の時期に身長が伸びない子供になる一番の原因になるでしょう。

それくらい普段の食事での栄養補給は大切ですので、身長が伸びないならまずは栄養面の改善を行うことを実践してみてください。

小学5年生が身長を伸ばすなら、良質なタンパク質の摂取が基本。

これは小学5年生に限ったことではありませんが、子供の身長を伸ばす際に最も重要な栄養素はタンパク質。

良質なタンパク質を幼少期から、どれだけ豊富に摂取することができているのかということが、子供の身長の高さや、成長にとっては非常に大切な要素。

ただ良質なタンパク質が大切なので、肉ばかりを食べていては、タンパク質こそしっかり摂取することができるものの、良質なタンパク質という考え方では少しズレているでしょう。

タンパク質には、肉類や魚介類、乳製品や卵などの動物性タンパク質と、大豆製品やナッツ類などの植物性タンパク質があります。

特に植物性タンパク質は子供に不足しがちですし、動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよく摂取することで、健康な身体を手に入れることができるので、その点を意識してください。

動物性タンパク質ばかりを食べていると、生活習慣のリスクが高まったり、肥満傾向が強まることがわかっていますので、肉類の食べ過ぎには注意しましょう。

もし肉類の摂取量が多い場合には、脂肪分の少ない赤みや鶏肉など余計なものを摂取しすぎないようにすることが大切。

また鶏肉でも、鶏のから揚げのような揚げ物ばかり食べていると、トランス脂肪酸を大量に摂取することになり、健康にも脳の成長にも悪影響が出ますので、注意しましょう。

タンパク質摂取量が小学5年生の骨の伸びに重要な理由は?

なぜ小学5年生の身長の伸びにタンパク質の摂取量が大きな影響を与えているのかと言えば、タンパク質を構成するアミノ酸が骨の成長に必要な栄養素だから。

子供の身長が伸びるということは、実際には子供の骨が伸びることなので、骨を形成する栄養素をしっかり摂取する必要があります。

骨が伸びるのは、骨端線の軟骨細胞部分で、細胞分裂が繰り返され、その際に骨の再生の勢いが強い場合のみ。

骨の再生を促すためにも、骨の原材料として最も最初に使用されるコラーゲンを合成する為に必要なアミノ酸を摂取することが大切。

だからこそ、小学5年生で身長をしっかり伸ばすためにも、アミノ酸の集合体であるタンパク質を積極的に摂取することが重要なんです。

先ほども紹介したように、植物性タンパク質と動物性タンパク質をうまく組み合わせることで、アミノ酸スコアをあげつつ、子供の健康状態も維持する。

そうやって様々な食品や食材から、タンパク質やその他の栄養素を摂取するようにすると、非常に効果的に小学5年生での身長の伸びを維持することができます。

小学5年生は平均身長と伸び率を意識して過ごそう。

小学5年生の時期に大切なことは、平均身長よりも高い状態なのか、それとも低い状態なのかということに合わせて、月ごとの身長の伸び率も非常に大切。

特に女子の場合には、成長スパート期とも呼ばれる時期に突入しているので、どれだけ毎月変化しているのかを計測していると、お子様の身長の変化を即座にわかります。

この時期は本当に身長がグングン伸びるはずですので、小学4年生の1年間よりも急激な身長の伸びを自覚するはず。

それなのに身長が伸びないなら、これは何か改善すべき問題があるということです。

成長期の後半になって行う努力よりも、身長が最も効率的に伸びるはずの時期に行う努力の方が、同じことをしても成長速度に与える影響は大きく異なるでしょう。

小学5年生は本当に大切な時期だから、その年齢で色々を気付くことや、生活習慣や食習慣を改善することは本当に大切です。

将来的に低身長で悩みながら過ごすくらいなら、この時期にどこまで効率的に身長を伸ばすことができるのか、ということをしっかり考えましょう。

特に栄養面のサポートはお母さんが主体になって行ってあげるべきことですので、普段の食事内容も含め、どれだけ豊富な栄養素を摂取できるのかを考えてあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。


今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


【子供の身長を伸ばす方法・無料メールセミナー】

子供の身長が伸び悩む原因や改善方法など、成長に役立つ情報を21日で紹介!

メールセミナーでしか紹介できないような情報も・・・

↓↓↓毎朝1〜2分で読める↓↓↓
→お申し込みは、今すぐこちらからどうぞ!



>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!