ロート製薬の成長期応援飲料のセノビックは、栄養補助食品だから、子供の成長に役立つ栄養素が摂取できるのでしょうか。

気になるセノビックで摂取できる栄養素とは、栄養補給食品や栄養機能食品とはどういった成分が配合されているものなのか。

セノビックで得られる子供の身長に対する効果について、購入前に知っておくべき大切なことを紹介します。

セノビックの特徴や栄養機能表示している栄養素とは?

セノビックとは、ロート製薬の成長期応援飲料で、牛乳やお湯などに溶かして飲むドリンクタイプの身長サプリメントのような商品。

実際に6〜7歳向けの比較的低年齢の子供向けの栄養素を配合し、一番人気はホットでもコールドでも美味しく飲めるミルクココア味、他にも5種類の味が販売されています。

幼稚園児や小学校低学年の子供に非常に人気で、800万袋以上も販売している最も売れている成長応援飲料のひとつ。

栄養機能食品として配合されている栄養素は、カルシウム、鉄分、ビタミンDの3種類。

これをしっかり摂取できることで、子供の骨の成長をサポートすることを目的に購入する親御さんが多いと思われます。

そもそも栄養機能食品や栄養機能表示とは、どういった定義なのか?

セノビック以外にも、子供向けの栄養機能食品は多数販売されており、食事で摂取しきれない栄養素の摂取を促進してくれます。

そもそも栄養機能食品とは、国が定めた条件の元、栄養成分である(ビタミン類・ミネラル類)の補助に利用される食品で、栄養成分の機能を有するものという定義で考えられています。

だから栄養機能食品には、ビタミン類とミネラル類を基準内で含んだものしかありません。

栄養機能食品では、規格基準が定められている栄養成分以外の成分の機能の表示や特定の保健の用途の表示をしていけないことが決まっています。

そのため、ダイエット効果があるとか、疲れ目の改善に・・・などという記載ができない決まりになっており、上限値と下限値にもかなり開きがあるので、一概に栄養機能食品=優れた効果があるものではないという現実も。

この点を多くの親御さんが知らずに、栄養機能食品とはトクホ(特定保健用食品)のような効果効能が期待できるものに準じていると誤解している人が多いんです。

栄養機能食品の栄養素と上限値と下限値とは?

では実際に栄養機能食品として、販売することができる栄養素の種類とその上限値と下限値の情報を簡単に紹介します。

  • 亜鉛→下限は2.10 mgで、上限は15 mg
  • カルシウム→下限は210 mgで、上限は600 mg
  • 鉄→下限は2.25 mgで、上限は10 mg
  • 銅→下限は0.18 mgで、上限は6 mg
  • マグネシウム→下限は75 mgで、上限は300 mg
  • ナイアシン→下限は3.3 mgで、上限は60 mg
  • パントテン酸→下限は1.65 mgで、上限は30 mg
  • ビオチン→下限は14 μgで、上限は500 μg
  • ビタミンA→下限は135 μgで、上限は600 μg
  • ビタミンB1→下限は0.30 mgで、上限は25 mg
  • ビタミンB2 →下限は0.33 mgで、上限は12 mg
  • ビタミンB6→下限は0.30 mgで、上限は10 mg
  • ビタミンB12→下限は0.60 μgで、上限は60 μg
  • ビタミンC→下限は24 mgで、上限は1000 mg
  • ビタミンD→下限は1.50 μgで、上限は5.0 μg
  • ビタミンE→下限は2.4 mgで、上限は150 mg
  • 葉酸→下限は60 μgで、上限は200 μg

この上限値と下限値の基準内に配合成分が収まっていることで、栄養機能食品として販売することができます。

しかし大切なことは、栄養機能食品は企業の自己申告制なので、実際にどこまで信頼性の高い食品なのか?ということが判断しにくいんです。

ここ最近、トクホに認定された商品ですら認定取り消しが数件続いていますので、そういった意味からすれば、より信頼性の低いのが栄養機能食品。

セノビックのミルクココア味で摂取できる栄養機能食品とは?

セノビックのミルクココア味は、カルシウムと鉄分、ビタミンDが栄養機能食品だとお伝えしました。

では、実際にどの程度の栄養素が摂取できるのか?

  • カルシウム:下限は210mgで、上限は600mg→260mg
  • 鉄分:下限は2.25mgで、上限は10mg→6mg
  • ビタミンD:下限は1.50μgで、上限は5.0μg→2.8μg

かなり微妙な感じだと思いませんか?

栄養機能食品でも、最も骨に効果があると考えられているカルシウムですら、下限値に近い基準です。

これではセノビックを飲んでも、効果的に子供の成長に役立つとは考えにくいですし、そもそもカルシウムの効果は骨の強化。

骨を伸ばす効果があるわけではなく、骨を強くする効果しかありません。

だからセノビックで摂取できる栄養素では、積極的に子供の身長を伸ばすことが期待できないという話。

これが実際にセノビックのミルクココア味で摂取できる栄養素。

子供の骨を伸ばすには、タンパク質が必要ですが、20gのセノビックで摂取できるタンパク質は、僅か1.5gです。

これは一般的な成長期のタンパク質の摂取推奨量が、50gとか60gであることを考えると、どれだけ少ないのかがわかると思います。

栄養機能食品だから、セノビックを安心して子供に飲ませていたという親御さんにとっては、寝耳に水のような話かもしれません。

でもこれがセノビックの実際の姿です。

ちなみにセノビックのミルクココア味で摂取できる栄養素の85%は炭水化物。

これで子供の身長が伸びるのなら、わざわざセノビックを購入して、飲ませる必要もない話ですね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!