どのようなおやつを子供に選んであげるのかで、子供の身長が伸びる可能性が大きく変わることに気づいていますか?

手軽で子供に人気のスナック菓子は子供の成長に悪影響を与えると言われていますが、実際にはどうなのでしょうか。

栄養面から考えた際に、どのようなおやつを食べさせるのが、子供の成長に役立つ効果が期待できるのかを解説します。

成長期や思春期の子供の身長が伸びる理想的なおやつの種類は?

a333c2e870a8222b39287f0d562edea9_s

成長期や思春期の子供には、どのようなおやつを食べさせるのがよいのか?子供の成長に良い効果があるとよく言われているのが、ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類。

ナッツ類には、マグネシウムや亜鉛、カリウムや鉄分など、子供の身長を伸ばす際に大切な役割を果たす、ミネラル類が豊富に含まれています。

さらに成長期や思春期に不足しがちな植物性タンパク質もしっかり摂取することができるので、身長を伸ばしたい子供のおやつにはピッタリ。

調理の手間も必要ないナッツ類でも、ピーナッツやアーモンド、くるみなどを普段から食べるようにしていると非常に効果的。

ローストされているタイプよりも、生のものの方がビタミン類やミネラル類の消失が最小限なので、身長を伸ばしたい子供にとって、より効果的なおやつだといえるでしょう。

ただナッツ類は、高カロリーなので食べ過ぎには注意が必要。

特に成長期に高カロリー食が続くと、ニキビの原因になることもあるので、1日10〜15粒程度までで抑えておくと良いでしょう。

ナッツ類以外にオススメなのは、煮干しや小魚。

煮干しや小魚には、タンパク質やカルシウム、ビタミン類やミネラル類が豊富に含まれていますので、食事の合間の栄養補給という意味でも優れています。

しかも魚をまるごと食べることになるので、様々な栄養素をバランスよく摂取することができるというメリットも。

ナッツ類と小魚がミックスされたタイプの商品もあるので、そういったものを食べさせるのも良いでしょう。

スナック菓子が、子供の成長に悪影響だと言われる理由とは?

423adaefcfb82ff2a86034a871e4bd48_s

でも子供って、ナッツ類や煮干しなどの天然食品よりも味付けの濃いスナック菓子が好きですよね?

そんなスナック菓子ばかり食べていると、子供にどのような影響が出るのかということを真剣に考えたことがありますか?

まず高カロリー高脂肪なので、摂取カロリーが増え、肥満の原因になるという部分がデメリットのひとつ。

さらに、栄養素はほぼ摂取できないので、成長に役立つ栄養面での効果はありません。

極めつけが、食事で摂取したカルシウムを溶かしてしまうリン酸塩が豊富なので、骨のカルシウムを分解し、体外に排出する作用があるということ。

ただでさえ吸収率の低いカルシウムを、体外に排出してしまうことになるので、成長期の子供にとっては、マイナス効果しかないと考えるべき。

リン酸塩は、スナック菓子以外にもインスタント食品や冷凍食品などに大量に含まれています。

だから、こういった食品ばかり普段から食べている子供の場合には、もろい骨になりやすいという特徴がありますので、注意しましょう。

おやつと食事の関係は、子供の栄養面のバランス強化を考えよう

2291504c4ffdc4187980be7fec847fe5_s

子供にとってはおやつも食事の一部と考え、成長に必要な栄養面での効果を考えたものを、普段から食べさせてあげることが必要。

特に年齢が小さいほど、おやつが成長に占める割合が高いので、出来る限り自宅で作ったものか天然食品を食べさせてあげるようにしましょう。

今回紹介したナッツ類や煮干し以外にも、果物類や乳製品(チーズやヨーグルト)、大豆製品などもおすすめのおやつです。

どんなおやつが子供の成長にとって効果的なのか?それは、実際に摂取できる栄養素で考えるべきですし、骨の成長に役立つ栄養素がおすすめ。

タンパク質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、ビタミンD、ビタミンKという骨の形成に役立つ栄養素を含んだものを選ぶようにしましょう。

できれば生に近い形で、摂取することが大切ですし、摂取効果を高める方法のひとつだと理解してください。

ビタミン類やミネラル類は、45度以上の加熱処理で消失しますし、調理に電子レンジを使えば、完全になくなることに。

何を食べさせるのかということだけではなく、どんな調理方法をするのかも非常に大切で、子供の身長が伸びるのは、普段から何を食べているのかということの影響を強く受けることを理解しましょう。

普段の食事だけではなく、おやつでも成長に役立つ栄養素をしっかり補給するようにすることが、効果的に子供の身長を伸ばすことに繋がりますので、しっかり意識してくださいね。

おやつや間食が成長期の身長の伸びをサポートする

おやつにしても間食にしても、成長期の子供が身長を伸ばすために必要な栄養成分を補給するために必要なもの。

1日3食だけで成長に必要な栄養成分の全てを摂取することはできません。

だからこそ、食事だけで摂取しきれない栄養成分をおやつや間食でしっかり補ってあげることが大切で、成長期や思春期にはその重要性が高まります。

実際に高身長になった人には、様々な特徴がありますが、ほとんどの人に共通していることが、やはり普段からしっかり栄養摂取を行っていたということ。

1日3食の食事は基本で、おやつや間食でしっかり栄養補給を行うということも大切。

ただ成長ホルモンの分泌量の話をすれば、夜食はできるだけ摂取すべきではなく、就寝前の3時間はできるだけ何も食べない状態のほうが良いということはわかっています。

そうすることで、グリシンが胃の中で分泌されて、成長ホルモンの分泌を促進しますし、就寝時に胃や腸が消化や吸収をすることなく、熟睡することができ成長ホルモンの分泌量を最大化してくれます。

おやつや間食は、何を食べるのかということも大切ですが、どの時間帯に食べるのかということも重要だと理解してください。

おやつや間食を食べ過ぎて、肝心のご飯が食べられなくなってしまう子供もいますので、そういった場合には、食事の時間を変えたり、おやつの内容を改善してあげましょう。

身長が高い人の共通点、おやつも大事だけど体を動かすことも大切

おやつは、あくまでも成長に役立つ栄養素を摂取するためのものだと考えましょう。

子供の身長を伸ばす際には、栄養面だけではなく、運動面を考えてあげることも大切です。

食べてばかりいては、いくら身長に良い効果が期待できるナッツ類でも、栄養を摂取しすぎて、肥満体型になる可能性が高まることに。

だからおやつに何を食べさせるのかも大切ですが、食べた分はしっかり運動するというバランスを考えてあげましょう。

逆に普段から運動を行っている子供の場合には、おやつでしっかり栄養を補えているのか?その質と量を考えてあげることも大切です。

このバランスがしっかり取れていると、子供の身長がグングン伸びるメカニズムが作用しますが、それが乱れてしまうと、身長が伸び悩む結果に。

だからこそ、運動と食事のバランスをしっかり考えてあげることが大切。

もし外で運動できないのであれば、室内でバランスボールを活用したような運動でも良いですし、鬼ごっこでも良いでしょう。

とにかく身体を動かす運動習慣は、食事やおやつで摂取した栄養素をうまく活用することにつながり、良い睡眠のきっかけにもなります。

そういったことも考えて、しっかりとおやつも含めた栄養バランスを考えていきましょう。

そうすることが、子供の身長を効率的に伸ばすことに繋がりますので、ぜひ意識的に実践してみてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。


今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?




>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!