思春期や成長期といえば、

子供の身長が伸びる最後のタイミングなので、このラストスパートの時期にどれだけ成長できるのかで、最終身長に大きな影響が出ます。

 

ここ数年で日本人の第二次性徴期が早まり、

どうにかしようと思った時には、身長が伸びるタイムリミットがわずかしか残っていない人もいます。

 

身長を伸ばすことができる最後のタイミング、

思春期や成長期という時期にラストスパートをかけて、しっかり身長を伸ばすためにも知っておきたい情報をまとめて解説しますね。

思春期や成長期は、身長の伸びが増加するラストスパートの時期

多くの人が思春期や成長期になると、

身長が急激に伸びるので、この時期でどこまで身長を伸ばすことができるのかということは、大切だと考えていると思います。

 

しかしこのタイミングこそ、身長が伸びる最後のタイムリミットの訪れだと理解している人は、そこまで多くないのかもしれません。

 

急激に身長が伸び始めると、

このままぐんぐん身長が伸びて、来年には、再来年にはもっと大きくなると考えがちですが、子供が成長できる時間はそこまで残されていません。

 

成長期は子供の身体から、大人の身体に変わる時期ですので、いつまでも続くことなく、あっという間に終わってしまいます。

成長期が終わると骨端線が閉鎖して骨の成長が止まる!

成長期や思春期が終わると、

子供の体から大人の体に変化しますが、これは骨も同じこと。

 

子供の骨にだけある骨端線。

身長の伸びしろである骨端線は、成長期の終わりとともに閉鎖してしまい、その後は一切、骨が伸びることはありません。

 

骨が伸びないということは、身長が伸びなくなるということ。

 

成長期や思春期こそ、

子供が身長を伸ばすことができるラストスパートのタイミングだと考えて、身長が伸びやすい生活習慣や方法を実践すべき。

第二次性徴期の体の変化が、成長期後半になったサイン。

第二次性徴期という大人への変化のタイミングは、成長期の始まりを意味していることではありません。

 

第二次性徴期に起こる身体の変化、

これがすでに始まっているタイミングでは、成長期の後半にさしかかっており、身長が伸びるタイムリミットが少ないことを意味しています。

 

第二次性徴期の男の子の体の変化は、

 

  • 体毛が濃くなる(陰毛や体毛が生える)
  • 性欲を強くなる(精通が起こる)
  • 男性らしい筋肉質な体になる
  • のどぼとけが出て、声変わりする

 

第二次性徴期の女の子の体の変化は、

 

  • 乳房が発達し、胸が膨らみ始める
  • 体毛が濃くなる(陰毛や体毛が生える)
  • 初経が起こる(月経や生理)
  • 丸みを帯びた女性らしい体つきになる

 

このような第二次性徴期特有の変化は、

平均的な年齢では、男の子で11歳後半、女の子で10歳頃から始まりますが、最近はその年齢がどんどん低年齢化しています。

 

思春期早発症という病気が話題になるほど、

日本人の子供の早熟化が進行していますので、身長を伸ばしてあげたいなら、小さなうちから真剣に考えてあげることが大切です。

成長期や思春期だけが大切ではないということを理解しよう。

思春期や成長期と呼ばれる時期に、

どれだけ身長を伸ばすことができるのかが、最終身長に大きな影響を与えると考えられていますよね?

 

第二次性徴期に起こる身体の変化が、

すでに思春期や成長期の後半に差し掛かった時期であるということは、その前のタイミングも大切だということではないでしょうか。

 

ラストスパートの過ごし方も大切ですが、

そのタイミングをしっかり活用する為には、その前からの準備も重要ですし、どれだけラストスパートで頑張っても伸ばすことができる身長は限られています。

 

成長期全体を通しても、

男の子は25〜30cm、女の子は20〜25cmしか身長は伸びません。

 

思春期や成長期だけで身長を伸ばそうとせずに、その前のタイミングでどれだけ身長を伸ばすことができるのかも考えるようにしましょう。

 

さらに踏み込んで考えると、

思春期や成長期をの到来時期や進行速度をどれだけ遅らせることができるのかも大切。

 

最終身長を高くするためにも、この考え方は非常に重要です。

 

思春期や成長期の到来時期が遅くても、

健康上のデメリットは一切ありませんが、早すぎることで低身長で止まったり、心身のバランスが乱れたりすることがわかっています。

 

早熟化を防ぐような生活習慣を心がけ、思春期や成長期の到来を遅らせるようにしましょう。

ラストスパートの思春期や成長期で身長を伸ばす方法とは?

思春期や成長期に身長を伸ばすには、

どれだけ質の良い成長ホルモンをどれだけ大量に分泌できるのかが大切です。

 

成長ホルモンが大量に分泌されるタイミングだからこそ、思春期や成長期に急激に身長が増加します。

 

成長ホルモンを分泌させるには、

質の良い睡眠をできるだけ毎日長時間続けることと、成長ホルモンの分泌に必要な栄養補給を行うこと。

 

小学校高学年なら8時間以上、

中学生でも7時間以上は毎日しっかり睡眠時間を確保することを最低ラインとして考えてください。

 

成長ホルモンの分泌に必要なタンパク質(アミノ酸のアルギニン)をしっかり摂取することも基本。

 

このふたつのことを基本として、

より効率的に身長を伸ばすことができるように、適度な運動も行っておくとより効率的にラストスパートで伸ばせるでしょう。

 

成長期に身長を伸ばす要素は、睡眠・運動・食事。

 

さらにストレスを溜めすぎないことも意識できると、身長を伸ばすメカニズムをうまくまわすことができ、最終身長を大きくすることができます。

 

睡眠時間や食事での栄養補給、運動、

どれも後天的な要素なので、あなたが意識的に改善すれば、残されたタイムリミットでもしっかり身長を伸ばすことが可能でしょう。

 

思春期や成長期にしっかりラストスパートをするためにも、まずはこの3つのポイントを意識して、生活習慣を改善してください。

 

睡眠時間のように目に見ることができない栄養素、これは特に高タンパク質低脂肪を意識してください。

 

成長期のラストスパートには、身長サプリメントも役立つ!

成長期後半で一気に身長を伸ばしたい。

そう考えても、毎日栄養豊富な食事を作り続けることは大変ですし、時間的余裕がないお母さんも多いでしょう。

 

そんな時に役立つのが身長サプリメント。

成長期の子供のなかには、栄養不足が原因で身長を伸ばすことができない子供もいるので、栄養バランスに優れた商品を選ぶとその部分をカバーできます。

 

本気でラストスパートを考えるなら、

タンパク質を中心に栄養バランスに優れた身長サプリメントを3~6ヶ月間はお子様に飲ませてあげてください。

 

栄養面をサポートしてあげると、

止まった身長が伸び始めたり、身長の伸び幅が改善する子供もいますので、お母さん主体で栄養面を考えてあげると良いと思います。

 

どんな身長サプリメントを選ぶか、

ここを間違えてしまうと、全く意味が無い場合や逆効果になってしまうこともあるので、商品選びは注意してくださいね。

ラストスパートも大事だけど身長が最も伸びる時期も知ろう!

中学生や高校生のタイミングがラストスパートだとすると、どの時期に最も子供の身長が伸びているのかを知ることも大切です。

 

最近の子供が最も身長が伸びている時期を知ると、あなたは意外な事実に驚くかもしれません。

 

文部科学省の学校保健調査の結果で、

男の子は小学5年生から中学1年生、女の子は小学3年生から小学5年生が、最も身長が伸びる3年間だということがわかっています。

 

さて、この事実をあなたはどう考えますか?

ラストスパートでしっかり身長を伸ばすよりも、最も身長が伸びる時期にその効率を高める方が簡単ですし、身長の伸びは良くなるでしょう。

 

ラストスパートで焦るのではなく、

最も身長が伸びる時期をうまく活用して、効率的に身長を伸ばしてあげることも大切でしょう。

 

子供の身長が伸びるのは、

成長期が終わるまでの限られた時期しかありませんので、それをしっかり意識してください。

 

日本人の早熟化は進行していますので、

このままいくと中学2年生や中学3年生で身長が止まってしまう子供も増えるでしょう。

 

身長を伸ばすことができる期間が短くなり、将来的に低身長のリスクを抱えることになりますので、意識的に改善することが大切。

 

本当に基本的なことですが、

ラストスパートのタイミングだけで、どうするかを考えないようにしてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。


今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?




>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!