早寝早起きの睡眠習慣が、中学生や高校生の身長を伸ばす際に重要な生活リズムだということを理解していますか?

幼少期からの睡眠時間や睡眠習慣の違いで、成長期に身体が成長できる可能性が大きく変わってしまうことに気づいていますか。

成長期には、睡眠中の成長ホルモンをどれだけ活用できるのかが大事なことなので、睡眠習慣も含めて規則正しい生活リズムを整えていきましょう。

成長期に大事なことは、成長ホルモンの分泌量を増やすこと

3d887d93ac43ba51134a577e6cd6fcde_s

成長期の中学生や高校生の身長が伸びる理由は、成長ホルモンが分泌され、それが骨の骨端線に作用するから。

もし成長ホルモンの分泌量が少なかったり、骨端線が閉鎖してしまえば、どう頑張っても骨が伸びずに身長が伸びることはありません。

骨端線が閉鎖するのは、男の子なら17〜18歳、女の子なら15〜16歳頃だと言われていますので、その前にどれだけ成長ホルモンを分泌できるのかが大切。

成長期の夏休み明けに急激に身長が伸びる子供がいるのも、睡眠時間を確保できることで、成長ホルモンがしっかり分泌できたから。

その影響でグンと身長が伸びて、一気に大きくなるわけです。

そういったことはすでにわかっていることですので、普段からできるだけ早寝早起きの睡眠習慣で過ごすようにしましょう。

夜更かしばかりしていると、成長ホルモンが分泌されにくくなる

d6f3670980b718373b1f806878f446e3_s

早寝早起きと反対の夜更かしばかりしている生活リズムだと、睡眠時間が短くなり、必然的に成長ホルモンの分泌量が減少します。

中学生や高校生だと、学校に行く時間が決まっていますので、当然と言えば当然の話。

成長期にしっかり身長を伸ばしたいなら、少しでも成長ホルモンの分泌量を増加させる生活リズムを実践すべき。

特に成長ホルモンが最も大量に分泌されるのが、睡眠中なので、この時間をムダにしないことが大事。

同じ睡眠時間でも、22時〜2時の間で3時間熟睡することが、最も大量に成長ホルモンを分泌できる睡眠方法だと言われています。

だから、この時間だけは寝ているように早寝早起きの生活習慣を実践することが最善の方法。

同じ睡眠時間でも早寝早起きと遅寝遅起きでは、分泌される成長ホルモンの量や質に違いがありますので、その結果が最終身長の高さの違いになることも。

そんな状態で困ってしまうのはあなた自身ですよ。

すでに成長ホルモン分泌に有効な方法は、早寝早起きだということがわかっていますので、それを実践しないことが問題。

成長期の年齢はやりたいことも元気も有り余っており、夜寝るのももったいないと感じるかもしれません。

その瞬間はそれでもよいと考えてしまいますが、人生を長い目で見ると、その睡眠不足こそが様々な原因になることも。

身長の高さが人生に与える影響は、非常に大きいということを少し理解して、少なくとも平均身長くらいまでは、伸びるようにしましょう。

最終身長を大きくしたければ、成長期前から睡眠方法を見直すべき

7ef72dd215e704881dd873a7de93c8f5_s

さらに言えば、慢性的な睡眠不足が続くことで、早熟傾向が強まり、成長期が短くなってしまい、身長が伸びきらないまま骨端線が閉鎖することも。

そうなったら、もう身長を伸ばす方法は、イリザロフ手術やISKD手術などの外科手術のみ

これらの手術で身長は伸ばせますが、毎日骨折するような激しい痛みで夜も寝れないほど。その時に後悔しても遅いので、しっかりと睡眠時間の確保を意識しましょう。

これは成長期の話ではなく、幼少期からの睡眠方法の話で、日本人は世界的に見ても、幼少期からの短眠が目立ちます。3歳の段階でニュージーランド人よりも毎日100分も短いんです。

それが10年、20年も続くとどれだけの違いになるのかということを、本当にしっかり理解した方が良いでしょう。

少しでも大きく成長するために、睡眠時間の確保が大事であること、その為にもはまずは早寝早起きの生活リズムを実践することが大切。

その上でちょっとだけ生活習慣を意識すれば、どんな子供でも身長は伸びます。

両親の遺伝が原因で、子供の身長が伸びないわけではない。

1abd8c9c6d9cf48eeb34fd98fdbb11a3_s

背の小さな子供が考えがちなことに、両親の身長が小さいから、もう伸びないと諦めてしまうこと。

でもそれは、少しあっていますが、大きく言えば間違えている話。

実は身長に対する遺伝の割合は、わずか25%以下しかなく、残りの75%以上は後天的な要素で決まりますので、身長を伸ばすことは可能。

身長の高さを決める後天的要素は、睡眠・運動・食事・ストレスなどの状況。

つまり、早寝早起き・しっかり運動する・食事で栄養素を補給する・ストレスを溜めないという生活習慣を送っていれば、両親よりも身長は高くなる可能性が高いでしょう。

成長期に必要な栄養素を補給して、ちゃんと運動を行えば身長が伸びない理由はないですので、そこに気づかずに諦めてしまうのが、一番もったいない話です。

もしあなたが低身長や身長の伸びで悩んでいるなら、この4つの要素を見直してみてください。

最初に改善すべきは、早寝早起きの生活リズム。

その次が成長に必要な栄養素の確保です。実は多くの子供が成長に必要な栄養素を補給できていないことで、身長が伸び悩んでいます。

早寝早起きができないのなら、成長に必要な栄養成分を補おう!

成長期の子供に必要な栄養素の種類と量が多すぎることや、現代の食習慣ではそのすべてをまかなえていない事が原因で身長が伸び悩んでいる子供も。

だから早寝早起きの睡眠習慣を実践できないのであれば、栄養面のサポートを考えてあげることも大切。

栄養不足で、身長を伸ばすことができないという子供も多く存在し、普段から1日3食しっかり食べている子供でも起こっている話なので、栄養サポートを徹底するのも方法のひとつ。

本来なら普段の食事だけで成長に必要な栄養成分の全てを補うべきですが、それができないのが現在の食習慣の問題点。

そういう時に活用できるのが、総合栄養バランス型の身長サプリメント。

子供の成長を考えて、タンパク質を中心に摂取できるものを選ぶと、身長を伸ばすための栄養素を摂取できます。

普段の食事で摂取しきれない栄養成分は、身長サプリメントを活用して補ってあげるのが良いでしょう。

そうすることで、成長期の身長の伸びを最大化したり、効率化することができますので、非常におすすめの方法です。

身長が伸びるのは、成長期が終わり骨端線が閉鎖するまでなので、そのことをしっかりと理解して、お子様の状況に合わせた対応を行なってあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!