半年間で身長を伸ばしたいと考えている中学生が、実践すべき方法にはどのようなものがあるのかを徹底検証。

実際に身長を伸ばす半年間で伸ばすなら、優先して行いたいことをまとめて紹介しますので、できることから実践していきましょう。

本当に身長を伸ばしたいのなら、中学生が最後の時期だと考えて、できることからすぐに実践して行くことをおすすめします。

中学生は身長を伸ばすことができる機能がまだ残っている時期

大人になると身長の伸びが停止しますが、中学生という時期は誰しもまだまだ身長を伸ばすことができる仕組みが残っている時期。

これは非常に大切なことで、身長を伸ばす仕組みがなくなってしまってからでは、どんな方法を行っても身長を伸ばすことができません。

でも中学生の時期なら、まだ骨端線も閉鎖しておらず、成長ホルモンや性ホルモンも分泌され、身体の中の骨が伸びる仕組みがしっかり作用します。

だからこの時期を逃してしまうと、身長を伸ばすことができないだけではなく、身長の伸び悩みに直面し、そのまま低身長で止まってしまうことも。

そういったリスクもあるタイミングですので、本当にどのように過ごすのかは大切なこと。

では実際にどのように過ごすことで、半年間で身長の伸びが変わってくるのか、オススメの方法も踏まえて紹介したいと思います。

半年で身長を伸ばすなら、食事でタンパク質の摂取量を増やそう!

最近の中学生の身長の伸び悩みの理由で多いのは、実は成長に必要な栄養素を普段の食事でしっかり摂取できていない子供が増えているということ。

これはタンパク質の摂取量の推移を見るとわかりますが、1994年頃のピーク時には79.7gだったものが、2015年には69.1gまで激減。

この摂取だと戦後間もない時期とほぼ変わらないくらいしか、食事でタンパク質を摂取することができていないということ。

タンパク質は、体内に吸収される際にアミノ酸に分解さえ、骨端線の軟骨細胞で骨を伸ばしたり、成長ホルモンや性ホルモンなどの原料としても使用されるもの。

そんな成長期や思春期に最も重要な栄養素が不足している状態だと、子供の身長が伸びないのも当然の話しかもしれません。

ただタンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質がありますので、これらを組み合わせることで、摂取カロリーや脂質を抑制しながらアミノ酸のバランスを高めるとよいでしょう。

成長ホルモンの分泌量を増やすには、睡眠の質を向上させよう

中学生で身長が急激に伸びるのは、成長ホルモンと性ホルモンの影響を受けて、骨端線での細胞分裂が活性化されるから。

成長ホルモンの分泌量が増えるほど、この細胞分裂が活性化され、身長の伸びが効率的に行われることがわかっています。

だからこそ、成長ホルモンが分泌されるタイミングで、その分泌量を最大化する努力が必要なのは納得できるでしょう。

そこで実際にすべきことは、睡眠の質の向上。

実は成長ホルモンは睡眠直後の2回の睡眠サイクルで、ひと晩に分泌されるほとんどの量が出ることがわかっており、その分泌量には睡眠の質が大きく影響しています。

睡眠サイクルは1回90分なので、入眠直後の3時間が本当に大切。

1回の睡眠サイクルの中でも後半に訪れるノンレム睡眠の中でも、最も深いタイミングで分泌されますので、そこで熟睡していることが大切。

だからこそ、睡眠の質を向上させるということが重要なポイント。

中学生になると勉強や部活、人間関係など様々な部分でストレスを溜めやすいい状況になりますが、寝る前にはリラックスしたり、湯船にゆっくり浸かることで副交感神経を優位にしておきましょう。

そうすることで、睡眠時にもリラックス状態が続き熟睡できるようになりますので、非常におすすめです。

半年間は身長サプリメントで成長に必要な栄養素を補おう!

半年間で本当に身長を伸ばしたいと考えるのなら、生活習慣の根本的な改善が必要ですが、それにはお母さんの強力も大切。

普段の食事で栄養面のサポートを行っても、実は成長に必要な全ての栄養素を食事だけで補うのは難しいことで、お母さんも日々の献立を考えるのが大変です。

そこで活用すべきなのが、身長サプリメント。

身長サプリメントや成長応援飲料などのジャンルの商品が最近は人気ですが、その中でも実際に選ぶべきなのは、総合栄養型の身長サプリメント。

実際にどんな栄養素が摂取できるのか、その吸収率はどうなのかなど、様々な視点で考えてあげることが大切。

そして身長サプリメントの効果を実感するには、3〜6ヶ月は飲み続けなければならないので、その間はしっかり飲ませてあげる。

そうすることで、普段の食事では摂取できない成長に必要な栄養素をしっかり補ってあげるのが良いでしょう。

これはお母さんの家事の手間を増やさずに、普段の食事に身長サプリメントを追加するだけで、中学生の身長の伸びを効率化できますので、非常におすすめの方法です。

でも大事なことは、どんな身長サプリメントの商品を選ぶのかということ。

半年で身長を伸ばしたいなら、カラダアルファがおすすめ。

半年間で身長を伸ばすために、選ぶべき身長サプリメントは、成長期の10代専用のカラダアルファ。

なぜカラダアルファなのかと言えば、実際に摂取できる栄養成分の53.8%がタンパク質だから。

最初に紹介したように、子供の身長を伸ばすという意味では、どれだけ大量のタンパク質を摂取できたのかということが大切。

さらに動物性タンパク質と植物性タンパク質のバランスも大切で、カラダアルファのタンパク質はスピルリナ由来の植物性タンパク質。

原材料の4割がスピルリナなので、スピルリナが豊富に含んでる50種類以上の栄養素を摂取できますし、95%以上という栄養吸収率もまさに中学生向き。

これだけ栄養豊富な身長サプリメントはカラダアルファ以外になく、多くの身長サプリメントは炭水化物ばかりを摂取することに。

こういった栄養面の違い、実際の吸収率の違いなど様々な部分に違いがありますので、半年間で身長を伸ばすなら、間違いなくカラダアルファを選ぶべき。

実際に多くの人がカラダアルファの豊富な栄養成分をお子様の成長に役立てていますので、もしあなたがお子様の身長を半年でどうにかしてあげたいと考えるなら、間違いなくおすすめです。

中学生の半年なら、少しでも早いタイミングに実践しよう!

子供の背を伸ばすためにカラダアルファを半年間飲み続けるのなら、3年生よりも2年生、2年生よりも1年生の時期に実践するべき。

中学生には骨を伸ばすことができる骨端線という仕組みが残っていますが、その幅が広いほど、より効率的に骨を伸ばすことができます。

骨端線は年齢の上昇とともに、徐々に閉鎖していきますので、少しでも早い時期に取り組むことが基本。

2年生になったらとか、3年生になったら・・・と考えるのではなく、1年生でグンと伸ばしてしまうという考え方が大切です。

これを理解せずに先延ばししてしまうと、同じ量と同じ期間だけカラダアルファを飲み続けても、大きく効果が異なることに。

身長が伸びるピークの半年の伸び幅を増やすほうが、伸びにくくなった半年でなんとか伸ばすよりも、全然効率が良いですよね。

それを理解しているお母さんは、中学1年生の時期にカラダアルファをお子様に飲ませ、身長の伸びを最大化し、良い状態を維持していますので、そういう考え方がおすすめ。

どのタイミングでお子様に飲ませるのかは、本当に大切なことですので、娘さんがいるご家庭ほど、早めにするということを意識してあげてくださいね。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。


今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?




>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!