環境が変わると子供の身長が伸びることもあれば、身長の伸びが鈍化することもあります。

普段の生活習慣が、子供の成長に与える影響の重要性を認識していますか?

実際にどんな環境が身長が伸びやすいのか、徹底研究して導き出した答えを紹介します。

子供の身長が伸びる仕組みと必要な要因とは?

まずは子供の身長がどんな要因で伸びるのか?ということを最初に紹介します。

子供の身長が伸びる際に必要な要素が、睡眠・運動・食事・遺伝・ストレスの5つ。

実は身長に対する遺伝的要素は、23〜25%ほどしかないと言われていますので、遺伝よりもどんな環境で過ごすのか?ということが大事なんです。

背の小さな両親から生まれた子供が小さい理由は、その両親が育った環境を自分の子供に再現してしまうから。

だから遺伝で小さいと誤解されがちですが、生まれてから過ごす環境要素の方が、75%という大部分を占めていますので非常に大切です。

なので、両親が小さいからとか、自分たちが小さいので子供の身長が伸びないと諦めるのではなく、何をすれば身長が伸びるのか?という視点でこれから紹介することを実践しましょう。

幼少期から寝室を分けることで成長ホルモンの分泌量が変わる。

日本人の子供は、実は幼少期からかなりの短眠で、3歳の段階でニュージーランド人よりも毎日100分も睡眠時間が少ないと言われています。

この睡眠時間が少ない理由のひとつに、日本独自の寝かしつけがあります。

日本人は子供が寝付くまで両親が近くにいて、寝かしつけますよね?でも欧米では、子供は小さな頃から自分の部屋を持ち、ひとりで寝ます。

その結果、両親の生活スタイルの影響を受けずに毎日睡眠時間を確保することができ、睡眠中に体を休めたり、成長に必要なホルモンを分泌したりします。

その結果、身体もどんどん成長していくことに。

最近の子供たちは、小さな頃から夜のファミレスにいたり、レンタルビデオ店にいたり、居酒屋にいる子供までいます。

親の仕事が忙しいからそうなってしまうこともあるでしょうが、それ自体が子供が成長できる要因をなくしていることだと理解しましょう。

子供の睡眠習慣は、幼少期からの積み重ねで変わりますので、急に早寝にするのは大変ですが、早起きさせれば自然に眠くなるのが子供です。

そういったことも活用して、睡眠環境を改善してあげてください。

幼少期から外遊びをする子供は身体が成長しやすい。

最近の子供は公園や遊び場が減少しているので、小さな頃から外遊びをする子供が減ってきています。

でも外で体を動かすことは、子供の成長においては非常に大切なこと

体を動かすことで、骨や筋肉に適度な刺激になり、それで骨が伸びるきっかけになり、身長が伸びますし、運動することでお腹が空いて食事量が増え、食事で摂取できる栄養成分が増えます。

さらに遊び疲れてしまえば、子供は早く寝てくれますし、睡眠の質も向上し、よりよい環境になっていくので、外遊びは非常に大切。

外遊びをすることで、太陽の光を浴びれば体内でのビタミンDの合成が進む、カルシウムの吸収率も高めてくれますので、そういったメリットもあります。

幼少期にしっかり身体を動かすことは、子供の運動神経を高めて、その後も運動を続けたり、肥満の予防にも役立つ効果が期待できますので、ぜひ外遊びをさせるようにしましょう。

もし近所にそういった場所がないなら、週末にハイキングやアスレチック、アウトドアなイベントを家族で楽しむのもよいでしょう。

食事で栄養をしっかり摂取することが成長期までの身長を決める!

最後に重要なことは、食事で成長に必要な栄養を摂取することです。

人間の体は生後〜大人になっても、口から食べた栄養で身体を成長させたり、修復したりします。

幼少期の栄養不足は、体の成長の阻害要因ですし、低身長に悩んでいる子供の多くが食が細かったり、栄養が偏っていたりします。

特に最近のインスタント食品や冷凍食品、加工食品やスナック菓子などはカロリーや脂肪分こそあるものの、成長に必要な栄養素が欠落しています。

それどころか、食事で摂取したカルシウムを体外に排出してしまうリン酸塩などが大量に含まれているので、成長には逆効果。

手軽で家事のて間もなく、子供がお腹を空かせたタイミングでさっと出せるというメリットはありますが、成長には全く役立たないものです。

そんな食生活を幼少期から送っていれば、成長に必要な栄養成分が不足するのも当然。

しかも成長期までの子供の身長を決めるのは、普段の食生活でどんな栄養素を摂取しているのかという点です。

そして成長期に伸びる身長は、ある程度決まっていますので、成長期に入る前に低身長ならば、急激にみんなを追い越して大きくなるということも考えにくいもの。

だから成長期までにどれだけ身長を伸ばしてあげるのか?成長期でどれだけ効率的に身長が伸ばせるのかは非常に大切です。

その為にも、タンパク質を中心とした食事で、様々な栄養成分をバランスよく摂取させるようにしましょう。

ただ成長期になるとどれだけ食べても、成長に必要な栄養成分を普段の食事だけで補うことが難しくなります。

そんな時は、普段の食事+身長サプリメントという考え方も大事。

身長サプリメントも、天然成分のタンパク質を中心に様々な栄養成分をバランスよく配合したものにしましょう。

そうすることが、最も効率的に身長を伸ばすことにつながります。

子供の身長は成長期までしか伸びることはありませんので、遺伝ではなくどんな環境で過ごさせるのか?ということで、結果が変わることを認識して効率よく身長をのばしましょう。

基本的な話ですが、今回紹介したことをしっかり実践することが最も大切なことです。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!