アルギニンは食べ物で摂取しないと身長を伸ばす効果がないと言われていますが、それは本当なのでしょうか?

 

最近はアルギニンを豊富に含んだ

身長サプリメントや成長応援飲料がありますが、実際にどんな効果が期待できるのかを徹底検証。

 

成長期の子供に最も大切なアミノ酸のひとつであるアルギニンを食べ物や食事で摂取すべき理由を紹介します。

成長期の子供にアルギニンが必要なのは、成長ホルモンを構成する成分だから!

成長期に子供の身長が急激に伸びるのは、

成長ホルモンが大量に分泌されることで、骨の骨端線での細胞分裂が促進されて、骨の成長が活性化するから。

 

成長期の成長ホルモンの分泌量は非常に大切で、

その分泌に役立つ効果があることを普段の生活で実践することが大切です。

 

成長ホルモンの分泌量が増えるのは就寝時なので、成長期の子供はしっかり睡眠時間を確保することも大切ですが、成長ホルモンの分泌に役立つ栄養面のサポートも重要。

 

栄養面で成長ホルモンの分泌に役立つのがアルギニン。

 

アルギニンは大人では非必須アミノ酸であるのに関わらず、子供はうまく分泌できないので、必須アミノ酸扱い。

 

だから普段の食事などで、

アルギニンを豊富に含む食べ物を選んで、しっかり摂取することが大切なのです。

 

睡眠時間が多く成長ホルモンを分泌できる環境でも、

原材料のアルギニンが不足したら、成長ホルモンを効率的に分泌することはできませんよね。

 

アルギニンを多く含む食べ物には、どのようなものがあるのかを知っていますか?

アルギニンを多く含む食べ物や食材には、どんなものがあるのか?

食べ物で最も豊富にアルギニンを含んでいるのが、豚ゼラチン。

 

100gの豚ゼラチンには7900mgものアルギニンが含まれており、最も高含有している食材のひとつ。

 

通常の肉類が1500mg程度しか

アルギニンを含んでいないことを考えると、豚ゼラチンにはどれだけ豊富なアルギニンが含まれているのか?ということがわかりますよね。

 

豚ゼラチン(豚足)を好んで食べるような子供はほとんどいませんし、その他で含有量が多いものは、大豆製品です。

 

干し湯葉・高野豆腐などの大豆製品には、

肉類の2.5〜3倍ほども豊富なアルギニンが含まれていますが、これもまた子供が食べにくい食べ物ばかり。

 

ち魚介類だとマグロやエビにアルギニンが豊富に含まれていることがわかっており、マグロにはアルギニンの吸収率をアップさせるビタミンB6も含まれているので非常におすすめ。

 

しかし子供の場合は、アルギニンを含む食べ物としては、肉類を好んで食べる傾向があると思いますが、肉類だとカロリーや脂肪分が気になることもあるでしょう。

 

そういった際に話題に登るのが、サプリメントでアルギニンを摂取する方法。

アルギニンは食べ物よりも、サプリメントで摂取するのがおすすめ?

最近は子供の低身長を改善する為に、

成長ホルモンの分泌促進効果があるアルギニンを含有したサプリメントが話題に。

 

確かにDr.senobiru(ドクターセノビル)のようなアルギニンサプリメントが、累計300万袋も販売されているなど、非常に人気が高いのがわかります。

 

なぜアルギニンが成長ホルモンの分泌促進効果があるのか?と言われると、アルギニンが低身長の医療現場で、成長ホルモン分泌刺激試験の試薬で使われているから。

 

成長ホルモンがしっかり分泌されているのか?という検査の際に、アルギニン製剤を使用することから、アルギニンには成長ホルモンの分泌促進効果があると言われています。

 

アルギニンサプリメントを販売しているメーカーでは、食べ物で摂取するよりもアルギニンサプリメントで効率的に摂取すると、成長ホルモンの分泌を促進し、子供の身長が伸びると言っているんです。

 

この効果が本当なのか?

という部分については科学的な根拠を確認する必要があると思いますよ。

アルギニンサプリメントには、成長ホルモン分泌促進効果がない!

科学的にも証明されていることですが、

アルギニンサプリメントのメーカーは一切触れていない情報。

 

低身長の医療現場で使われる際には、医療用のアルギニン製剤で、独特の摂取方法で摂取します。

 

  • 1kgの体重に対して、0.5gと大量のアルギニンを摂取
  • 点滴で血管内に直接投与し、血中濃度を異常に高める

 

この方法で摂取しないと、

アルギニンで成長ホルモンが分泌されるかどうかをチェックすることが出来ません。

 

アルギニンサプリメントでは、

経口摂取で多くても5g程度しか摂取しませんので、アルギニンの血中濃度が異常に高まることはなく、分泌促進効果は期待できません。

 

それでもアルギニンサプリメントがなくならないのは、メーカー側がうまく情報統制して、アルギニンで身長が伸びるというイメージ戦略を行っているから。

 

確かに成長にアルギニンは必要ですが、

アルギニンサプリメントでは意味がないことは科学的にも証明されていること。

アルギニン以外にも成長ホルモン分泌刺激試験の試薬がある

アルギニンが成長ホルモン分泌刺激試験の試薬であることは間違いないことですが、他にも数種類の成分が使われているんです。

 

実際に成長ホルモン分泌刺激試験の試薬は

 

  • アルギニン
  • クロニジン
  • グルカゴン
  • インスリン
  • L-dopa
  • GHRP-2

 

この中から数種類の成分を選んで行いますので、

アルギニンだけが成長ホルモンの分泌を促進するわけではありません。

 

アルギニンの血中濃度を異常に高めることで分かるのは、運動後に成長ホルモンがどう分泌されるのかという状態。

 

それだけしか確認出来ないということをしっかり理解しておきましょう。

アルギニンは食べ物で摂取するから、子供の成長に役立つ効果を発揮。

アルギニンサプリメントに成長ホルモンの分泌促進効果がないこと、子供の身長を伸ばす効果がないことは、日本小児内分泌学会も公式見解を発表して認めている事実。

 

日本小児内分泌学会の公式サイトにも明記されており、アルギニンをサプリメントで摂取しても、子供の身長は伸びないし、成長ホルモンの分泌にも役立たないと記載されています。

 

現在サプリメントとして販売されているアルギニン製剤は、多くの場合200mg~2gという量です。成長ホルモン分泌刺激試験では、体重1kgあたり0.5gを30分間で直接血管内に点滴で投与します。30kgの体重の子供であれば15gを投与して、血中のアルギニン濃度を非常に高めます。内服薬のサプリメントの服用では、血中アルギニン濃度が十分に上昇せず、成長ホルモンの分泌が促進するとは考えられません。

参照:日本小児内分泌学会

 

子供の低身長治療を行っている医師団体も効果なしという警鐘を行っていますので、その点も十分に理解した方が良いと思いますよ。

 

子供にとって必要な必須アミノ酸の一種であるアルギニンは、食べ物でしっかり摂取することが大切。

 

アルギニンは肉類に豊富に含まれていますし、魚介類ならしらす干しやエビ類に豊富、大豆製品ならきな粉や油揚げなどがおすすめ。

 

牛肉よりも豚肉や鶏肉を組み合わせて、

摂取カロリーや脂肪分を抑えつつ、普段の食事でしっかり摂取するようにしましょう。

 

アルギニンが子供の成長にとって、重要な働きをする成分であることは間違いありませんので、食べ物で摂取することを意識しておくことが必要です。

 

成長期の子供の身長を効率的に伸ばすためにも、普段からしっかり意識的にアルギニンを食べ物で摂取しましょう。

 

アルギニン単体では効果がないので、

アミノ酸のバランスを考えるためにも、タンパク質をしっかり摂取し、少しでもアルギニンの作用を効率的にできるようにすること。

 

タンパク質を摂取することは、

骨の原料を摂取することにも繋がりますので、良質なタンパク質もアルギニンに合わせて摂取してくださいね。

 

結局は栄養バランスが整っていないと子供の身長を伸ばすことができませんので、特定の成分や栄養素だけに頼りすぎないことが重要だということです。

【速報】NHK「所さん!大変ですよ」で身長サプリメントの特集が!

NHK総合の人気バラエティ番組「所さん!大変ですよ」2017年7月20日(木)放送分で、身長サプリメントをはじめとする子供向けのサプリメント特集が放送されました。

放送タイトルは「なぜか女性に話題!?不思議なサプリメント」で、サプリメントの効果に疑いを持っている所ジョージさんの目の前に様々なサプリメントが登場。

まだまだ効果に疑問を持っている人が多い身長サプリメントの気になる効果とは?カラダアルファを飲ませている親御さんのインタビューもあります。

【追記】→所さん大変ですよ。番組の放送内容まとめ。


今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?




>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!