2017年最新版、子供の身長を伸ばす方法や情報をまとめて紹介します。

この記事さえ読めば、子供の身長の伸びに悩んでいる親御さんや、あなた自身の身長に関する悩みを解決するヒントが・・・。

より効率的に身長を伸ばす為には、サプリメントを活用することも大切ですが、その商品選びの基準なども紹介します。

子供の身長を伸ばしたい人が、まず注意するのは睡眠!

子供の身長の伸びに悩んでいる、将来的に大きな子供に成長させたいと考えているのなら、まずは睡眠習慣を改善することを意識しましょう。

寝る子は育つと言われていますが、あのことわざはあながち間違いではありません。

特に成長期の子供の場合、睡眠中に脳から分泌される成長ホルモンの量と質が、子供の身長の伸びを決定します。

成長期前の子供でも、どれだけしっかり睡眠できるのか?ということで、メラトニンやセロトニンの分泌量に影響が出て、成長期の始まりを遅くすることができます。

成長期の訪れが遅い方が子供の身長は高くなる傾向がありますし、遅い分には全く問題はありません。

逆に早すぎる成長期は、低身長の原因や心と体の乖離を招き、心身のバランスを乱すきっかけにもなります。

だからまずは睡眠時間をしっかり確保する。

小学校低学年までは1日9〜10時間、小学生は8時間、中学生でも7〜8時間はしっかり睡眠できるようにしましょう。

成長期前の身長の伸びは、食事の影響を凄く受ける!

小学校低学年までの子供で、低身長に悩んでいる人の多くが、普段の食事でしっかり栄養素を摂取できていない傾向があります。

成長期前の子供は、成長ホルモンの影響ではなく、食事で摂取した栄養成分を元に体を成長させていきます。

その際に慢性的な栄養不足だったらどうなるのか?

これは言わなくともわかると思います。実際に低身長の医療現場では、赤ちゃんの頃からミルクの飲みが悪かったり、食が細い子供が治療に来ることが多いようです。

幼稚園に入っても食が細く、好き嫌いが激しく、僅かな食事しか食べていないのであれば、確実に身長の伸びに悩むでしょう。

逆にインスタント食品やジャンクフード、揚げ物や脂っこいもの、スイーツやスナック菓子などばかり食べる食生活を送っていれば、確実に肥満時になるでしょう。

幼少期の食習慣は、その後一生続きますので、そういった味付けに慣れてしまうと、本当に悲しい結果になります。

肥満体型は、性ホルモンの分泌を促進し、成長期を早めて低身長に悩む将来を約束されたようなもの。

食事内容や食事量に注意して、できるだけ家庭で調理したおかずやご飯、お菓子などを食べさせるようにしましょう。

もし食が細く悩んでいるのなら、体を動かして生存本能的に食事を食べるような状況を作ってあげることも大切です。

運動による刺激は、骨の成長を促進する!

子供の骨には、骨端線と呼ばれる骨の伸びしろ部分があり、この骨端線の軟骨細胞が細胞分裂を繰り返すことで、骨が伸びて身長が高くなります。

しかしこの骨端線は、男の子なら17歳前後、女の子なら16歳前後に閉じてしまい、骨が伸びなくなり、身長が止まります。

もし身長を伸ばしたいのであれば、このタイミングまでにしっかり成長させる事が大切。

骨端線の軟骨細胞は、刺激が入ることで細胞分裂が促進され、骨が伸びやすい環境になります。

骨に対する刺激を得るためには、運動等で体を動かすことが基本。

その際に必要なのは、慢性的に同じ動きを繰り返すことではなく、様々な動きを行うこと。

ダッシュしたり、ジャンプしたり、急に止まったり・・・こういった様々な動きを行うことが、最も効率的に刺激を与える方法です。

ウォーキングだけとか、なわとびだけとか・・・同じ動きを慢性的に繰り返していても、骨はその刺激に慣れて、いずれ刺激として感じなくなります。

そうすると、その運動自体が効率的に身長を伸ばすことにはなりませんので、あまり意味がありません。

体を動かすことは肥満予防や、微量ながら成長ホルモンの分泌効果があるので、そういったメリットはありますが、成長期までにしっかり伸ばしたいところ。

小さな子供の場合は、公園でかけっこや追いかけっこ、ブランコやジャングルジムで遊んでいることでも十分です。

できるだけ外遊びの時間を確保して、体を動かす習慣を子供の頃から身に着けておきましょう。

身長を効率的に伸ばすなら、身長サプリメントも必要!

2010年頃までの日本では、子供も平均身長が伸び続けていたので、何もしなくとも周りと同じように生活するだけで、平均身長までは伸びたものです。

しかし現在の子供を取り巻く環境はどんどん変化し、身長が伸びにくい状況になっています。

特にインスタント食品や冷凍食品などの様々な加工食品が溢れ、夫婦共働きで子供を育てる家庭も増え、家庭料理を食べる機会が大幅に減少。

さらに家庭料理を食べたとしても、野菜や食材に含まれる栄養成分は、50年前の6分の1に減少していたり、大量生産の影響で非常に少なくなっています。

そんな時代だからこそ、2017年に身長をしっかり伸ばしたい人には、身長サプリメントをおすすめしたいところ。

ただ身長サプリメントにも、効果のあるものと効果のないものがあるので、何を選ぶのかがすごく大事。

牛乳に混ぜる身長サプリメントの場合、摂取できる栄養成分の6割〜9割が実は炭水化物。カルシウムなどを栄養機能表示していても、身長を伸ばす効果は微々たるもの。

実際に子供の身長を伸ばすのは、タンパク質を中心としたバランスのよい食生活を送ることです。

それとアルギニンのような成長ホルモンの分泌促進効果がある成分や、成長ホルモンを含んだ身長サプリメントも経口摂取では全く無意味。

胃や腸で分解&消化され、求める効果を実感できる事はありません。

このようなことはすでに、科学的に証明されていることで、医学的にも警鐘を鳴らされていること。

子供の成長には、天然由来成分でタンパク質を中心にバランスの良い食事を食べさせることが基本です。

身長サプリメントで、それを唯一実現できているのは、カラダアルファだけ。

成長期の10代専用の身長サプリメントというイメージが強いですが、粒も一回り小さく、小さな子供でも喉につまらない工夫がされています。

さらに摂取できる栄養成分は、スピルリナのタンパク質を中心にした、非常にバランスに優れたもの。

実際に53.8%がタンパク質なのも、子供の成長を願う親御さんにはうれしいポイント。

もし2017年に本気で身長を伸ばしたいなら、年齢問わずにカラダアルファを選ぶことをおすすめします。

ただお子さんの年齢に合わせて、飲ませる量を調整してあげてくださいね。

そうすれば、栄養面での子供の成長をしっかりサポートすることができますよ。

今すぐクリック→【まとめ】身長サプリメントを徹底比較、本当の効果と信頼できる商品は?


>>子供の身長を伸ばすには、普段の食事+サプリメントという考え方が大事!<<

小学生・中学生・高校生が普段の食事で摂取できない栄養素を配合!他のサプリメントとは摂取できる栄養素が大きく違う!


>>子供の成長に必要な栄養素だけを厳選配合!